【投資本65】藤田孝典著「続・下流老人」 朝日新書



 「下流老人」(朝日新書)で一大ブームを起こした藤田孝典さんの続編。「下流老人」は賛否両論あるでしょうが、貧困の実態に一石を投じた点で評価しています。ただ、その次の、若者の貧困を扱った「貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち」(講談社新書)はデータをかなり恣意的に扱い、例えば民主党時代の数字を現政権のせいにしているなど、かなり疑問をもちました。そこで、本作はどうなのかと思ったのですが、基本的なトーンは、「下流老人」同様評価しています。ただ、世界的な潮流を日本のせいにしているところは、賛成できません。そうしたことをアマゾンのレビューで書いたので、それを紹介します。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


続きを読む

老後対策に投資は必須でもない



 【投資本64】荻原博子著「隠れ貧困」 朝日新書  昨日に続いて、「隠れ貧困」の感想です。この本の後半は具体的な貧困対策をQ&A形式で書いており、貯金ができる体質になる方法、奨学金問題、住宅ローン対策、生命保険のかけかたなど幅広く答えています。投資についてはほとんど触れていませんが、ある程度の収入があり、貯金体質になれば、老後対策として、投資は必須ではないなと思いました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ




続きを読む

高収入貧乏が下流になっても自己責任



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 【投資本64】荻原博子著「隠れ貧困」 朝日新書
 荻原博子さんの新刊「隠れ貧困」を読みました。老後貧乏や資産形成について語った本は何冊も読んだ中で、一番面白かった。前半は高年収で貧困な人の実例、後半は貧困に陥らない対策を書いていますが、やはり高収入貧乏、特にバブル世代の人は完全な自己責任で、下流老人になっても仕方がないと思いました。



続きを読む

【投資本63】ITTIN著 29歳で2000万円貯めた独身女子がお金について語ってみた 清流出版

 投信ブロガー界騒然の著書。まだうら若き女性ブロガーが王道の内容の本を出しているのだから、話題になるのも当然でしょう。ただ、中身については著者が資産運用の才能があるからできることで、僕のような凡人にはちょっと真似はできないなと思いました。



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


続きを読む

【投資本62】出口治明著 働く君に伝えたい「お金」の教養 ポプラ社

 ライフネット生命の会長兼CEOの著者が、若者から不安があると相談を受けたのがきっかけ。その不安の正体はお金であると見抜き、どうすれば不安から抜け出すか具体的に書いています。



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


続きを読む

プロフィール

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR