これはひどい カブドットコム、行政処分へ

 証券等取引監視委員会は、カブドットコム証券が実際に起きたシステム障害より大幅に少ない件数を報告したり、改善・再発防止の実施状況を正確に把握できていない、金融庁長官や顧客に適時に告知されていないなどの問題があるとして、行政処分を行うよう勧告しました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 証取委のサイトをみると、「システム障害の管理は極めて不適切」「執行役等もこれを容認している」などの表現があり、かなり根深い問題のようです。長期投資家にはあまり影響はないですが、デイトレーダーなどにとっては、システム障害は大問題。顧客に開示するとともに、再発防止策をとってほしいのに、そもそも、原因分析すら正確に把握できない状況だそうです。

 さらに、システム開発についても、「基本的なテスト項目に漏れがあり、プログラム不具合を検出できない」と指摘された上、内部監査も機能していない状況。ネット証券として根幹を揺るがします。

 対面型証券に比べて、ネット証券は人件費や店舗設置費用などを削減して合理的になっている分、顧客側にたっている印象がありました。しかし、ここまで重要な欠陥を指摘されているのは、顧客軽視のさいたるもの。しかも、カブドットコム証券は三菱UFJファイナンシャルグループで、ネット証券のなかでももっとも基盤がしっかりしているはずです。それなのにこのありさまとは。僕もフリーETFに惹かれて、口座を持っていますが、利用者としてあきれるばかり。

 先日も、岡三証券仙台支店が「事故で判断力ない80歳女性と取引か」という河北新報の記事が問題になったばかりです。 対面型だろうがネット証券だろうが、やはり金融機関は疑ってかかるにこしたことはないですね。そのうえで自己責任で利用するしかありません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR