相続税は払えばいいのに

 NHKのクローズアップ現代で、相続税対策で家賃保証をつけてアパート建設を行ったものの、トラブルが続発しているという特集がされました。 中には1億円借金してアパートを建てたものの、3分の1が空き室になっている例も。番組では同情的でしたが、正直、税金をちゃんと納めれば、こんなトラブルにならないのに、という気がします。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 今年から相続税が増税され、最高税率が55%に5%引き上げ。基礎控除も5000万円+1000万円×法定相続人数→3000万円+600万円×法定相続人数に引き下げられました。マスコミでは首都圏に一軒家をもっている人でも相続税がかかると大げさに取り上げています。

 こうした対策として、アパート建設など不動産投資を勧めるケースが増えています。不動産投資の特徴は金融機関から借金をしやすいこと。このため、巨額の借金をしたうえで、家賃保証という甘い言葉につられて、自分が絶対に損をしないと勘違いする人が多いわけです。NHKでは、高齢者が業者から説明を受けていないと文句を言っていましたが、投資は事業で、しかも何千万、億という単位を扱うのだから、契約書はすみずみまで読むのが当然であり、文句を言っても法律的にはどうしようもありません。

 問題なのは、大手不動産会社や金融機関が一緒になって勧めてくるので、ろくろく内容も吟味しない人もいるわけです。でも、当たり前だけどノーリスクハイリターンの投資はありません。こうしたこともわからないと投資に失敗しやすい。また、一部上場企業だろうが、金融機関だろうが、自分の儲けが最優先です。なかには虚偽の説明をされる例もありますが、録音でもしない限り言った言わないの水掛け論に終わってしまいます。バブル崩壊後の90年代後半にもこうしたトラブルが多発していたのに、ニュースをみなかったのでしょうか。

 そもそも、相続税対策というけれど、よほどの大金持ちでない限り、相続税はそれほど多くありません。たとえば、相続人は配偶者と子供2人で都内に5000万円の不動産と5000万円の預金があった場合を考えましょう。基礎控除額を引くと5200万円です。もし、5000万円の不動産に小規模宅地の特例(240平方メートル以下は80%評価額を減少)が全面適用でき、5000万円の預金のうち、1500万円が生命保険だったとすれば不動産の評価額が1000万円になるうえ、生命保険は相続人1人あたり500万円が非課税になるため、1500万円も非課税になります。このため、支払うべき相続税はなんと全員ゼロになるのです。

 だから、相続税強化といっても、お金持ちだったり、土地持ちでないとそれほど影響はありません。まずいくら払わないといけないのか調べ、自分が払える額だったら払うべきでしょう。お金を持っている人も今まで日本で平和に暮らせたことを考えると、相続税ぐらいきちんと払えばいいのに。税金逃れをしようとして、かえって損をする人には、正直、同情はわきません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相続税対策ということ自体が、小金もちの資産家に対する売り文句であるだけで、別に相続税を払いたくないとか、そういうことでもないのかなと思っています。要するに、この投資先は5年で倍になるよ!という言葉と、それほど相違がなく、結局人の欲に対する甘言でしかないとも。

大して儲かるわけもなく、問題があることが分かっている人からすれば、そんな釣り針に引っかかるか!クマァ!と言うことでしかないんですけどね。その釣り針が大食いなんでしょう。売るほうからすれば笑いが止まらないのかもしれませんね。額が大きいだけになおさらです。

No title

いつも拝見しております。

高齢者になってから騙されないためにも、若いうちからの金融リテラシーというのはしっかり身につけなくてはと思い知らされる事例ですね。

退職金等大きな金額が手に入ったりしても、安易に不動産を購入する等はいけないってことです。私はリートで十分です(笑)

相続税も控除額が減ったのでと焦ったのかもしれませんね。

Re: No title

煙々さんコメントありがとうございます

税金を払わないとお得だという気持ちはわかるのですが、自分自身で調べずに甘言にのるだけの人が
しっぺがえしを食うわけです。みえみえの釣り針にひっかかってしまうのは、ある程度まで自業自得と
いう気持ちはします。もっとも、物欲の塊だから、ある程度の財産をもてたという側面もあるかもしれませんが。

Re: No title

ニシさんコメントありがとうございます。

若いうちなら損しても取り返す人的資源や時間がありますが、年をとってからではそうしたものがないので
できるだけリスクを抑えればいいのに、わからない人が多すぎるのですよね。リートで十分というのは正解だと
思いますし、現時点では僕もそうしています。

No title

ブログ更新、おつかれさまです。

。。。今でこそ、リート投資に落ち着きましたが、
地の利を生かして(ここが勘違いなのですが)、つい最近まで、タイ現物不動産投資を目論んでおりましたので、身につまされる記事ですね!?

父さんの仰る通り、相続税というのは、よくよく調べると、その家に実際住んでさえいれば、そんなにインパクトは無いと考えています。

ただ、相続税対策で、大きなお金を動かす時に、何故、会計士等の第三者に相談しないのかというのは、昔からの大きな疑問ですね。

考えるに、それだけいい時代を過ごされてきた方々なのかとも思います。
人の言うとおりしてきても何とかなった幸福な世代です。
(批判ではありませんよ)

個別の企業名は避けますが、なんちゃら建託とかの類の企業は、
今後先細りしていくと考えていますので、この団塊世代の退職ラッシュを
稼ぎ時と捉えているのではないでしょうか?

とりあえず、親類縁者で被害者が出ないように、目を光らせておきますね(笑)

Re: No title

匿名Gさん コメントありがとうございます。

海外投資も不動産投資も本人がリスクを承知して
専門家の意見も参照にしながら行うのはアリだと思います。
ただ、金融機関のいうがままというのは一番ドツボに陥りやすい。

団塊世代の退職ラッシュを狙って金融機関や住宅メーカーが動いているというのも
あるでしょうから、自分の身は自分で守るしかないでしょうね。
特に高齢者は妙にプライドの高い人が多いですが、単なるプライドでは
つけこまれる危険があることを理解してほしいものです
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR