金利上昇なら債券はいらないのか

 アメリカの金利引き上げが年内にも行われる可能性があり、日本の長期金利も史上最低レベルが続いており、これ以上下がる可能性は低そうです。金利が上がれば、債券価格は下落するわけですから、今、債券を買うのはいかがなものか、と思っていたところ、日経マネーデジタルにおもしろい記事が載っていました。筆者はアムンディ・ジャパンの有江慎一郎債券運用部長です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 有江さんによると、債券は株式と違って満期になると償還され、購入時に約束された利回りは(デフォルトを起こさない限り)受け取れるわけです。従って、金利が上昇しても、リターンは得られることになります。

 債券インデックスも短期ではマイナスになることはあるものの、長期ではプラスになる確率が大きいそう。過去30年の米国債をみると、3年リターンでマイナスになったことは一度もないとのことでした。期中の価格の変化があるにしても、購入時の利回りが確保できる効果は大きいわけです。アメリカはインフレ率が日本より高いのに、結構、意外な気がします。

 ただし、為替の動向もありますし、信用力の低いハイイールドや新興国債券などについては、信用リスクがあるので、必ずしも大丈夫とはいえないそう。ヘッジ付きの先進国債券インデックスか米国債、日本国債といったあたりが長期保有に耐えうる可能性が高いものでしょうか。

 株と債券はリスクヘッジのためにも両方保有したほうがいいといわれます。株が絶対上がるという確信があればともかく、債券のリターンが過去の歴史をみれば安定している可能性が高いのならば、やはり、両方保有したほうがいいのでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR