鎌倉投信をとりあげたNHKの視聴率は

 鎌倉投信の本社に運用報告会に行ってきました。うぐいすの鳴き声がよく聞こえ、さすが古民家を改造した本社だけあります。新井和宏資産運用部長が報告し、先日新井さんが出演して話題となったNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の裏話も聞けておもしろかったです。なお、土曜日で鎌倉は観光客で大にぎわいでしたが、わざわざ運用報告会にいくヘンタイさんぶりに自分でも苦笑い。せめて鎌倉投信の近所で高級ハンバーグを食べて帰りました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 僕は番組をみていないのですが、運用報告会の参加者約20人の大半は見ており、結構びっくりしました。NHK出演の威力はすさまじく、普段の50倍の資料請求が来ているとのこと。受益者が9000人なのに、テレビ出演で6000件もの資料請求がきているそうです。

 鎌倉投信は急激な純資産上昇を避けるため、資産残高が300億円を超えたら、新規受付を停止するソフトクローズにするそうですが、この勢いだと来年には300億円にいきそう。新井さんは今後はテレビ出演せず、今回のDVDは自分の葬儀の時に棺桶にいれてもらうと話して笑いをとっていましたが、やはり、さすがは天下のNHKです。視聴率は5・8%とのこと。ちなみにAKB48のセンターの渡辺麻友さん主演ドラマ「書店ガール」の視聴率は3・6%だそうですから、AKBよりも新井さんのほうが人気があるということかも(笑)

 さて、3月の純資産総額は140億円で、昨年の83億円から大幅に増えました。受益者も7256人から9089人に順調に増加。このうち5760人が定期定額購入です。投資先では東証1部上場企業が7割をしめますが、大型株はヤマトホールディングスだけ。中小が中心という方針はかわっていません。

 市場の予想はしないという新井さんでしたが、市場急落リスクが存在するとして、先物の売り立てでリスクヘッジをしたいと述べました。ただし、受益者の声を参考にしたいので、アンケートに記入してくださいということだったので、僕は「素人でもわかる投資手法を期待しているので、リスクヘッジは先物でなく現金比率を高める方法でやってほしい」と書きました。ちなみに、今年の現金比率は33%で、昨年の42%から減っています。逆に株式は55%→64に拡大しています。このへんがリスクとして感じられることなんでしょうね。

 受益者総会は秋に京都でやるそうで、さすがに行くのはしんどいなあ。それでも、鎌倉投信の方法がぶれていないことを知ることができて良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR