「賃貸と持ち家、生涯コストは同じのウソ」って冗談でしょ

 プレジデントオンラインで「賃貸と持ち家、生涯コストは同じのウソ」という記事が載っており、話題になっています。ただ、FPやジャーナリストの談話が突っ込みどころが多すぎて、持ち家派にしてももっとちゃんとした議論をすればいいのに。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 記事は、基本的に賃貸はダメで持ち家にするべきのオンパレード。住宅ジャーナリストの山下和之さんは「戻れる実家がある人や老後の資金が3000万円以上用意できる人以外は、家を購入しておくべきでしょう」と断言します。いや、個人の資産を考えたとき、ポートフォリオが不動産に集中するのはリスクが高すぎます。地震などの災害はもとより、本人がリストラにあったり、隣がゴミ屋敷になったりした時には、資金がたっぷりあれば、引っ越したり、また家を買ったりできますが、自己資金が少ないと、リスクをもろに直撃します。また、不動産を購入して、老後資金が1円も用意できないほうが、老後の生活は危ないでしょ。むしろ十分な資金がある人こそ持ち家が勧められるべきで、資金がない人は賃貸のほうがよいのでは。

 山下さんは「確かにコストはあまり変わりませんが、老後に差が出ます」ともいうけれど、普通、賃貸と持ち家を比較するときは、賃貸は生涯の家賃額で比較するので、老後に差がでるというのはおかしいのでは。「現役時代は賃貸のほうが安いですが、老後に差が出ます」なら分かるのですが。ただし、山下さんの言うとおり、生涯、賃貸派なら、老後に必要な資金は持ち家派より高くなることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

 また、FPの山口京子さんは「資産性だけで住宅を捉えた場合、分が悪いのは賃貸。家賃を払い続けても資産はゼロ。まして転居が多いと、入居の初期費用や引っ越し代などが都度発生し、収入によっては教育費や老後資金の貯蓄がままならない」と言い切ります。でも、資産性で考えると、ローンを払い終える頃には資産価値はゼロに近いでしょうから、山崎元さん、橘怜さんらの専門家は、資産価値と考えるなら賃貸といっており、少子高齢化の中、都心駅前などの条件がないと負動産とすらいわれるほどです。また、貯蓄がままならないのは、住宅ローンで高額を支払う人も一緒です。

 そもそも、持ち家の場合は、固定資産税や修繕費、マンションだったら共用費なども払うのです。賃貸の家賃にこれを上乗せできる好条件のところならいいのですが、現実には空き家を防ぐために、上乗せできないケースも多いのでないでしょうか。

 僕は持ち家の優位性は精神的なものにあると思います。だから、精神的なものにお金が払える資産家でないと、持ち家は不向き。前述のようにリスクへの対応もありますし。昭和のころの右肩上がりに地価が上がる時代ならともかく、今時こんな記事を載せるのは、コメントしている専門家も、編集部もちょっと一方的過ぎると思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日経平均は大幅反発でした。
押し目買いになってますね。

応援しておきました。ポチッ

No title

賃貸 vs 持家
の議論はいろいろなところで見ますが、これはその人の価値観ではないでしょうか。

賃貸:引っ越しが容易などの流動性、災害に対する融通性の高さ
持家:ローン完済後の資産性、設備等の良さ
支払額:引き分け

といった感じで捉えています。

一カ所にずっと住み続けることが出来るのであれば、持ち家が優位ですが、問題はそれが可能なのかどうか、だと思われます。

Re: No title

矢田@医療職兼業トレーダーさん

コメントと応援ありがとうございます。
押し目買いになるのか、また、落ちてしまうのか
わかりませんが、反発すると気分的にはうれしいですね

Re: No title

コメントありがとうございます。

個々人によってどちらが優位かは違い、たとえばかなりの住居補助がでるような勤務先なら
定年まで賃貸にすむほうが得だし、遺産相続で住宅をもらえるのなら持ち家が有利でしょう。

本文に書いてあるとおり、最後は本人の精神的な満足が得られるかでしょうねえ。
カネがなければ持ち家に住んでも精神的に窮するケースは十分考えられますから。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR