まだ若いのに孤独死した先輩

 同僚から「Aさんがお亡くなりになられた」と連絡があり、びっくりしました。Aさんは10年ほど前に同じ部署にいた先輩で、入社は僕より数年上ですから、現在40代後半か、50歳ぐらいでしょうか。どうも孤独死のようです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 Aさんは、穏やかな性格でいつもニコニコしており、職場の癒し的存在でした。父親を亡くされ、母親が介護の必要な状態になり、独身で一人っ子だったことから、退職して故郷に帰りました。その後、母親も亡くなりましたが、生活には困っておらず、都心のマンションに引っ越して、特に働いてもいなかったようです。何日も姿を現さないため、管理人が不審に思って中に入ったところ、亡くなっていたとのことでした。

 中年男性の一人暮らしって、同世代の友人は働いているからなかなか連絡をとりずらいでしょうし、地域や趣味の仲間とつながっていないと、あっさり孤立してしまう危険があります。Aさんも温厚な性格でしたが、趣味があるとか、積極的に友人を作るタイプではなかったので、こんなことになったのかもしれません。穏やかな笑顔を浮かべていた元気な姿を思い出すとやりきれなくなります。ご冥福をお祈りします。

 40代半ばになると、同世代や後輩で亡くなる方がボツボツでてきました。大学時代に後輩が病気で亡くなったことが初めて同世代の死に向き合った経験でした。その後、事故、自殺を含めると、これまで友人・知人で亡くなった方は10人は超えます。年配の方の葬式に行く機会も増えましたが、これはある意味、時の流れで仕方がない気持ちもあります。けれども、同世代でしかも残された子供が小さい葬儀に参列すると、本当に切なくなります。

 僕も介護と育児が大変で、早期リタイアして世捨て人のようになりたいと漠然と考えていましたが、あまり節約節約で無趣味になったり、早期リタイアで社会と離れるのも人生のリスク(危険)なのかも。昭和の小説ですが、城山三郎の「毎日が日曜日」という作品も思い出します。あの世にカネを持って行くわけにいかないですし、最低限、子供が大学に通えるまでの費用を除けば、今楽しめることは楽しみながら働くとともに、リタイア後の生活もシミュレーションしておこうかと思います。



コメントの投稿

非公開コメント

他人事とは思えない・・

こんにちは。

僕の知っている方も孤独死をされた方がおり
また、僕自身将来的に独り身のままのような
気がしていますので他人ごととは思えません。

はやく良い人を見つけられればいいのですが
なかなかうまくいきませんな。

ですので将来は不安でいっぱいですが
それでも頑張っていきたいです

No title

おつかれさまです。

なかなかショッキングなトピックですね。
社会人として、恥ずかしくない仕事が出来る方でも、ふとした事から、孤立してしまう。。。他人事ではありませんね。

色々言われますが、やはり結婚という物は、一定のセーフティネットの役割を果たしてくれると考えています。

負担が増える分、メリットも増えるし、張合いもでる?まあ、私が恵まれているだけかもしれませんが。

出生率改善は、もう無理ですが、婚姻率はあげるべきでしょうね。一人だと、どうしても、ダークサイドに陥りやすいという印象です。偏見でしょうか?

父さんも私も、健康で、40代を過ごせるようにしたいですね。

では。

Re: 他人事とは思えない・・

ふわわたさん、コメントありがとうございます。

遠い話ではなくて、だれもに起きる話だと思って
対応しなければならないと思います。
将来の不安を抑えるためにも、今できることを
しなければと思いました

Re: No title

匿名Gさん コメントありがとうございます。

身の回りで起きたので、結構真剣に考えてしまいました。
結婚がいろんな意味でセーフティネットにあたりますが
年をとると離婚、死別などもありますので
普段から仕事以外の人間関係も大切にしないとならないでしょう。
とにかく健康が一番ですね
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR