ラップ口座は損か得か?テレビ東京が特集

 テレビ東京のWBSニュースで、ラップ口座を取り上げていました。 ラップ口座は金融機関に運用を任せるもので、以前は富裕層向けのサービスでしたが、最近は300万円まで引き下げる金融機関もでており、人気が拡大しています。野村証券だけで前年比5倍、1兆円を超える人気ぶりです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 番組ではキャスターが野村證券の窓口で実際に説明をうけていました。まず、ライフプランの設定をゲームみたいなカードを使って説明し、客からの相談に乗ります。リスクの許容度を5段階にわけて、客に選ばせる仕組みです。

 大部分の人はライフプランなんか考えたことないでしょうし、投資が初めての人が株高のニュースを聞いて相談する場合もあるそうです。証券会社は以前、投信を頻繁に売買して手数料を取るビジネスに注力していましたが、金融庁や世間の目が厳しくなりました。そこで、顧客と相談したうえのラップサービスにシフトを替えたといえます。

 番組が良心的だと思ったのが、FPの神戸孝さんが「初心者はラップをつかっても投資はうまくいかない。手数料を超えるリターンを得るのは簡単ではない」と厳しく指摘しています。アベノミクスですから、この2、3年の運用は好調ですが、それ以前は安定して収益を上げるのは難しい。そのうえ、ラップ口座は手数料がかかりますので、コスト負けの可能性もあり得るのです。

 僕自身は、手数料を証券会社に払うのはもったいないので、ラップ口座を利用する気はありません。でも、及川ミッチーが出ている大和証券のラップのCMをみていると、こりゃ投資の初心者には説得力があるなあ、と正直、思います。

 テレビ東京のサイトだと、神戸さんの否定的なコメントで終わっており、取材に協力した野村や大和はどんな気分でこの番組をみたのでしょうかね。ただ、利用者にとっては、ラップ口座の使い方と注意をわかりやすく紹介しているので、参考になる番組だと思いました。

 僕自身は、手数料を証券会社に払うのはもったいないので、ラップ口座を利用する気はありません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お世話になっております。

良心的な番組ですね。

ラップ口座は全てお任せできるので、一見投資初心者にはおススメかのように見えてしまいます。

ですが中身は粗悪なアクティブファンドとあまり変わりません。
こういったテレビでは、取材協力先等の関係でいい意味で紹介される方が多いのかと思います。

ちゃんとコストのことを教えてくれるいいFPが担当で良かったですね。

Re: No title

コメントありがとうございます。

テレビでみたわけでなく、サイトでみただけですが、かなり良心的な番組でした。
これをみて、初心者でラップを買いたいという人はすくないのでは。
テレビは証券会社の説明で終わるだけかと想ったのでちょっとびっくりしました
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR