逆張り個人が食い物になりませんように

 日経平均株価がITバブルの最盛期を抜き、18年ぶりの高値になったことが話題になっています。21世紀で一番高いのですね。日経新聞によると、経験豊富な個人投資家は、逆張りで、利益確定やダブルベア型のETFを購入しており、強気な機関投資家と見方が分かれているそう。 逆張りは勇気のある行為だと思いますし、やはり、個人投資家が活躍しないと市場は活性化しないので、ぜひとも機関投資家の食い物にならないように、健闘をお祈りします。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 同じく日経新聞によると、アベノミクスが始まって以来個人は16兆円を売り越しており、今も個人の売り越しは続いているそうで、この間、海外勢の保有額は90%も増えたそうです。つまり、個人が売った分を海外勢が買っているというのが現在の構図で、個人がせっせと海外にもうけを差し出しているようなことでしょうか。

 世界中の上層部とつながり、資金も情報な豊富な海外機関投資家と、どちらもない日本の個人投資家と、普通に考えれば勝負は戦う前からついているような気もします。けれども、リーマンショックのときは、機関投資家自慢の情報収集力も分析力もあてにならないことが露呈しました。ベテランの個人投資家は持ち前の嗅覚で、リーマンも乗り切ってきたわけでしょうから、もし、予想外のことが起きたら個人投資家で、機関投資家よりも良い結果をあげるひとがいてもおかしくありません。特に今週はギリシア問題で市場は大荒れになりそうですから、大もうけする人もでてくるかもしれません。

 まあ、インデックス投資家としては、どちらが勝ってもあまり関係ないので、高見の見物ですが、優秀な個人が大企業に勝った方が見ていて気持ちがよいし、自分にない運と能力をもった人は尊敬できるので、ぜひとも個人投資家にがんばっていただきたいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR