年寄りはネットを使わないから毎月分配型は減らない

 僕もネット系の仕事をしていた経験があるのでわかるのですが、世間で良く勘違いするのが、スマホやネットはだれもが使っているという誤解。スマホはまだ普及率は半分ちょっとですから、半分の人は使っていません。また、ネットについては現役世代は9割以上使っているのですが、高齢者は使っていません。知識で分かっていても、実際の数字をみて驚きました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 総務省の調査によると、60代前半で7割強、後半で6割強、70代では5割を切り、80代ではなんと2割しかいないのです。ここまで差があるというのは正直驚きました。しかも、60代の普及率は12年末より13年末のほうが上がっているのですが、70代は横ばい、80代は減少しているのです。

 私の母親は80歳でメールを使っているのですが、ネットを見る回数は激減しています。年をとると面倒くさくなるし、目が疲れるというのもあるみたい。亡くなった父親も70ぐらいまでは使っていたけど、晩年は使わなくなりました。現役時代にPCに慣れた世代が年を取れば利用するかというと、必ずしもそうではないみたいです。

 まして、今はPCからスマホへどんどんシフトしています。現役時代にスマホを使わない人が、年寄りになってスマホを使うというのはかなりハードルが高いでしょう。

 以前は、新聞、テレビなどの情報や対面型のサービスはネットに吸収されるのかと思っていたけど、最近はそうでもないと思うようになりました。高齢者はどんどん増える一方ですから、ネットをする高齢者が増えても、同時にネットをしない高齢者も増えるわけです。

 この間、大手証券会社の人と話していて、ネット証券に個人投資家はやがては移るのではないかという議論になりましたが、こういう結果を見ていると、まだまだ対面型証券のニーズは強いと思います。同時に個人投資家に役立つ情報はブログが一番だと思いますから、そういう情報も高齢者にははいってこなくて、新聞、テレビやマネー雑誌にのっている商品がいいと信じてしまう。

 だから、毎月分配型といった利幅が大きい商品は、なんだかんだいって減らないし、ノーロードも徹底しないでしょうね。そういう意味では市場のゆがみがあるから、ネット証券のインデックス投資家はお得なのかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本気で学びたいのか?それを使って何をしたいのか?それが明確にならない時点で、ツールでしかないネットなんて必要がないということでしょう。
以前TVで、葉っぱビジネスの番組をしていました。日本料理を彩る葉っぱを採る、そういうビジネスです。そこで働いている方々の年齢は、凄く高かったと。かなりのおばあちゃんが、葉っぱの相場をPC使って調査して、その日に採ってくるものを決めていた、そんなことも番組で流れていました。
結局、本人の本当の意味でのやる気だと思っています。どうでもいい、面倒、よくわからない、そう思っている限り、それがネットだろうが、他のことだろうが、学びもせず、ずるずる適当になってしまうのだと思っています。
お年寄りだから毎月分配が減らないのではなく、投資に対して本気になれない人達がいるから減らないのではないでしょうか?。年寄り以外でも毎月分配は売れていますからね。
※投資の何がメリットなのか、デメリットなのかを自分で勉強してから投資をする人が少ないということでしかないかと。そこに年齢は関係ないと思います。

Re: No title

自分で勉強して投資というのは重要なことですが、年をとると体力とともに意志も衰えて、
かなりの必要性を感じないと新しいことに取り組まなくなる感じがします。
やる気をだすことも、若いほうが有利ということですね。
特に80歳過ぎれば認知症が軽度も含めるとかなりでてくるから、
そういう人まで勉強を自発的に求めるのは難しいのが現状ではないでしょうか
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR