デイトレで95%が負け、FXは3カ月で9割退場

 AERA6月29号にショッキングな記事が載っていました。デイトレードは100人中95人は破れるそうです。 また、エコノミストの7月21日号には「3カ月で9割が撤退するFX」との記事もありました。かねがねこのブログでは短期売買の危険は高いと警鐘を鳴らしていましたが、大手メディアでもそういう実態が相次いで報告されたというころですね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 AERAの記事では「人気株狙いやデイトレードは、いわばバクチ。バクチでは、素人ではなくプロが勝つ」と専門家の意見を紹介し、情報収集で大差がつくのはもちろん、機関投資家の超高速取引に素人がかなうわけないとしています。

 このこと自体は異論がないのですが、AREAではPER、PBR、ROEといった指標で割安株を見つけることや毎年増配する企業を長期投資で狙うよう勧めています。そして、「身近で知っている企業から割安株を見つけて、投資をスタートしていほしい」との専門家の言葉でしめています。

 バリュー株投資は王道で、デイトレードよりははるかにリスクが少ない投資だと思いますが、決算、売り上げ予測、市場環境などを調査しないで、PERだけで投資とか危険でしょうし、ROEだけなら高値つかみする可能性もあります。また、分散投資もしたほうがいいでしょう。素人が簡単に勝てるような書き方は誤解を招きかねない気がしました。

 エコノミストの記事はもっと笑わせてくれました。FXで初心者が負ける理由としては、激しい値動きをみて心が平静をたもてないからだそうです。もちろん、そうした心理的な要因は大きいのですが、その解決策が「自動でコツコツ稼ぐ手法が浸透しつつある」として、自動発注システムを導入することだそうで。

 システムトレードを頭から否定するわけでありませんが、それこそ、個人で導入できるシステムなんて、機関投資家のものに比べたら性能は激しく劣るわけでしょうし、そもそもFXはゼロサムだから、株式投資以上にバクチです。それなのに、自動発注システムをいれれば何とかなりそうな(一応、短所は書いていますが)見出しはどうなのかな、という気がしてなりません。

 両誌ともインデックス投資のイの字も書いていません。初心者の投資家には国際分散のインデックス投資が向いているだろうに、あおりたてるような記事はどうなのかなあ。もちろん、バリュー株やFXは勝てばインデックス投資よりはるかに利益が上がります。だけど、ある程度のレベルの持ち主か、リスク許容度を把握していない人でないと、不向きではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

FXでシステムトレード(以下EA)の場合は、みんなが同じアルゴリズムのEAを使いだすと、そのEAは使い物にならなくなります。

FXトレーダーはみんな成長しないと言われています。
退場しては、また次に新しいトレーダーが登場しては退場して・・・の繰り返しだそうです。

そのお金はヘッジファンドや投資銀行の利益になるそうです。

FXで金儲けしたければ、24時間365日相場を監視して、自分が勝てると思った時に、その分だけのポジを建てて、利益が出たらすぐに撤退した方が良いなどのアドバイスもあるそうです。

しかしながら、24時間365日相場を監視するだけの時間がある人は専業トレーダーになるしかなく、その場合は利益に対して国民健康保険税の支払い義務が発生するなど、非常に高コストです。

そんな訳で、仕事をやっている人は、普通にインデックスファンドを積み立てて「ほったらかし」にして30年間おいておいた方がはるかに簡単そうです。

Re: No title

タカちゃんさんコメントありがとうございます。

マーケットの魔術師なんかを読むと、それこそ全資産の5%ぐらいで、リアルタイムでチェックしながら
システムトレードを使っているプロがでてきます。いくらシステムトレードとはいえ、
このくらい真剣にならないとコンスタントに利益を上げるのは難しいでしょう。

ただFXは運に左右されるところがかなり多いですから、運がよければ、勝ち進めることも可能で
あとはいかに勝ち逃げのタイミングを見極められるかも重要だと思います。

いずれにしろ普通の人にはコツコツというのはおっしゃるとおりです。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR