金など商品市場急落、13年ぶりの低水準

 ブルームバーグによると、金などの商品指数が20日、13年ぶりの低水準を付けたそうです。 20日だけで、商品連動のETFの約20億ドルが失われ、ファンドの運用者は「商品市場はひどい状況」となげいているそう。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 さらに下落するのか、ここは押し目買いなのかどちらなんでしょうかね。ジョン・ポールソン氏率いるヘッジファンドも大きな打撃を受けるそうで、彼のようなプロですら相場の見通しを誤るのですから、やはり相場は難しい。

 下落の理由はドル高と中国の景気鈍化懸念です。もともとコモデティはインフレヘッジの側面が強かったですから、ドル高でアメリカの金利が上昇するとなると、インフレ懸念が遠のきます。また、中国は金の実需大国で、中国景気が良くないと、商品市況も打撃を受けます。さらに、先週、中国人民銀行が金の保有高を6年ぶりに明らかにしましたが、市場予想の半分以下しかなく、これを嫌気したこともあります。

 金採掘の採算価格は1トロイオンス=1200ドル~1300ドルといわれますが、20日現在1100ドルまで下がっています。もっとも採算割れになれば採掘をやめるでしょうし、長期では採算ラインを超えるでしょう。ただ、アメリカの利上げもあるでしょうから、短中期は厳しいでしょうね。

 僕は、以前、モーニングスターの朝倉智也さんが金を一部でいいから持つべきと推奨されていたのを受けて、リスク資産の3%程度を金ETFのSPDR ゴールドシェア(1326)を持っています。ETFなので積み立てをせず、年末のリバランスで増減しているところ。20日は3%以上値下がりしましたが、落ちるナイフをつかむ恐れがあるので、月末のアセットアロケーションをみて判断したいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR