世界全体落ち着いた 野村セミナー

 野村證券のセミナー「内外経済・金融の最新動向」に行ってきました。講師は同社チーフエコノミストの木下智夫さん。ギリシャ、中国も落ち着いてきており、当面は世界経済も安泰となりそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 木下さんによると、グローバル経済は先進国主導で回復しており、新興国経済も米景気の回復を受けて、徐々に持ち直しているそうです。アメリカは消費関連指標は今後回復に向かいそうで、利上げは9月か12月に行われる可能性がありますが、今さら利上げはサプライズではなく、市場に大きな影響は与えないとのみたて。むしろ、今後の利上げのペースのほうが、新興国などに影響しそうです。

 最近の問題はギリシャと中国でしたが、ギリシャは年内はとりあえず安心で、再燃するにしても来年の夏ぐらいになりそうです。中国は不動産投資は大きく減っているうえ、輸出も減速しており、中国政府はなりふりかまわない対策をとっていますが、中国政府は財政的に余裕があり、対応できそうです。

 日本についても、5月の統計は生産・輸出は弱かったものの、今後の回復が示唆されています。木下さん自身が地方を回ると、地方でも回復していることがわかったそう。ただ、日銀の目標のインフレ率2%は難しいですが、実は消費者の体感としては物価高となっており、年内の追加緩和はなさそう。

 資料の説明はなかったのですが、興味深い統計があって、2013年と今年4,5月期の実質消費支出を比べると、30代以上は4ポイント程度しか落ち込んでいないのに、30代未満は12ポイントも落ちていました。若者は財布のひもを固く閉じているけど、大人は使っているという二極化がでています。

 さて、実質賃金も今年は増加しそうですし、インバウンドの消費も大きい。輸出も設備投資の数値を見ても日本経済は回復傾向にあり、グローバルとあわせてみても、当面はリスクオンで良さそうな印象を受けました。

 まあ、いつも書いていますけど、投資は自己責任でお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR