無駄遣いする高齢者は自己責任でしょ

 週刊現代の8月8日号に「70過ぎたら、おカネがどんどん出ていく」という特集がありました。この手の週刊誌のことなので、話半分に読んでますが、取り上げられる例が、「小金持ちが無駄遣いして、大変だ」という例のオンパレード。今の高齢者って、ここまで金融リテラシーがないのかと驚きました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 貧困層が、高齢者になって収入もなくなり大変だというのなら、まだ理解はできます。けれども、紹介されていた例が、無駄遣いが多く、同情できない例が多すぎる。

 まず、相続対策で賃貸併用住宅に8000万円のローンを組まされお金がなくなった、というのを筆頭に、娘の住宅ローンの頭金300万円を払ったから、生活費に困っているみたいな話が載っています。でも、子供に援助して自分が貧乏になるって、子供を一人前に自立させなかった親としてのだらしなさもさることながら、だれかに強制されたわけでもなく、自分自身の選択なんだから文句をいうべきではないのでは。

 だいたい、娘のローンの頭金を払った高齢者は、医療費が高すぎるとかこぼしていたけれど、2000万円の貯金があるそうだから、「70過ぎたら、オカネがでていく」のではなくて、単におカネの使い方が下手なだけでしょうが。

 また、贈答費に年間40万円も使っていた77歳の高齢者は、年金暮らしで生活が大変だと贈答をやめたところ、相手にされなくなったとグチをこぼしていました。それって、金の切れ目が縁の切れ目という人間関係しか作れなかったコミュニケーション能力の問題では。

 このほか、75歳になってプラチナカードの年会費が高いという男性もでていましたが、カードの年会費は12万円って、そもそもカードは高収入の人が高い年会費を払えばいいのであって、自分の生活レベルを考えずに見栄だけで高いカードにしがみつくという考えにはついていけません。

 今の若い世代と違って、高齢者は高度成長~バブルのころに現役世代で、オカネをがっぽがっぽ使えたのだから、金銭感覚がまったく違う気がします。これで年金を削るなとかいっている高齢者が多いのだから、若い世代から白い目で見られても仕方がないのではないでしょうか。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR