投資の名言10選に感心

 eワラント証券の土居雅紹さんのコラムに「投資の名言10選」というのが紹介されていました。 バフェット、リンチから高橋是清まで、古今東西の名言が並んでいます。土居さんの解説も面白く、個人投資家にとって大変役にたつものばかりでした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 名言の詳細は土居さんのコラムをおよみいただきたいのですが、経済学の問題や株式市場の格言などさまざま。個人的にお気に入りだったのは、経済学の話では、バーナンキ前FRB議長の「経済学とは非常に洗練された分野で、過去に取った行動がいかに間違えていたかを説明するのに秀でている。将来については、それほどでもない」という言葉。アメリカ経済の総責任者でも、経済学が将来を見通す力がないことを皮肉交じりに語っています。

 市場の格言ではピーター・リンチの「株価の下落は、1月のコロラドに吹雪が吹き荒れるのと同じくらい頻繁に起こることである。株価の下落は慌てふためいて逃げ出した投資家が残していった割安株を拾う絶好の機会である」です。今は株価が好調ですが、経済学の歴史からいって、近い将来に必ず暴落はあります。そのときに、どうするべきなのか。このリンチの名言を肝に銘じていれば、市場から退場することなく、次に春が来るのを待ってられますね。

 国情も時代も違う人の著作や名言なんて意味のあることなのかと思っていたときもありました。でも、時代も国境も越えて伝わっているというのは、きちんと重みを持っていることの証拠です。新刊のいわゆる金持ちマニュアル本なんかよりも、この手の名言、名作を読むほうがよほどためになるような気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR