金持ちの7割が2代目で貧乏に

 らばQによると、アメリカの金持ち(資産300万ドル以上)の7割が2代目で貧乏になり、3代目では9割が貧乏になっているそうです。元の「タイム」(英文)のデータはこちら→ 「70% of Rich Families Lose Their Wealth by the Second Generation

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 相続税もあるでしょうが、若いうちから贅沢に育ってしまうと、カネを散財するケースが多そうですね。タイムを読むと、7000万ドルの財産を持って、「グレート・ギャツビー」の世界のように、タキシードで着飾ったパーティーや自家用飛行機を持っていたのに、「次の世代は悪い決定、不運、アルコール依存の組み合わせで浪費した」一家が紹介されています。

 金持ちの78%が次世代は、財産を継承するのに十分な責任を感じていないとしており、専門家は「彼らはお金の価値がわからず、遺産を継承して平均19日で新しい車を買っている」と指摘しています。子供に自分の財産がいくらか教えない親も多いですが、実際には子供がお金に無知になるだけともしており、確かに、財産がいくらかわからないのにパーティー着けの生活で育っていれば、遺産があっという間に消えるのが目に見えるよう。

らばQには各国からのコメントが紹介されていますが、世界各国、資産が3代続かないということわざがあるのには笑いました。日本だと「売り家と唐様で書く三代目」ですが、中には「1代目は貧乏、2代目はさらに貧乏、3代目はイギリス人に強奪される」(アイルランド)と貧しさを打ち出した国もあります。

 アメリカでは多くの金融機関で、相続人に専門の学習教材や講座を開いているそうですが、幼いうちからの金融教育が必要ですね。アメリカでもこうなのですから、日本の3代目というのは、きちんと教育していないとより大変かもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

身に覚えが・・

こんにちは。

僕の亡くなった祖父もこんな感じの人だったようです。

先祖代々引き継いできた会社?店?を潰して更には
屋敷や土地、山や田畑なども売っぱらって
遊び歩いていたそうです(一切働かずに)

良識のある分家?の方々から注意されても
どこ吹く風で一族の厄介者のような扱いだったそうです。

親や祖父母がお金を持っていてその財産を相続させたいと思っていても、その前にしっかりと子供を良識ある人間に教育するのが先決ですね。

Re: 身に覚えが・・

コメントありがとうございます。

ふわわたさんが投資で大きくプラスになったら
亡くなられたお祖父様のリベンジということになりますね。

こつこつ働いてためるのと、遊び歩いて使い果たすのと
やはり前者のほうが有意義な生き方だと思います。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR