日経平均が21年ぶり上昇でもそれほどうれしくない

 9日の日経平均は急上昇して、前日より1343円高い18770円になりました。1343円というのは21年7カ月ぶりの上昇幅。ほっとしている人も多いと思いますが、個人的にはまだ相場は乱高下すると疑っています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 今回の急上昇の要因は、日刊ゲンダイ、週刊エコノミストをはじめとする逆指標のマスコミが、暴落で日本株がもうおしまいと一斉に騒ぎ立てたので逆指標になった、というのはさておき、中国の問題も根本的に解決していない、アメリカの利上げの見通しも不透明な以上、なんでこんなに上がったのか、明確な理由がないと思っています。

 ここで、ちょっとリーマンショックを振り返ってみましょう。2008年8月29日に13073円だった日経平均はその後、暴落、10月10日は8276円まで下げます、しかし、翌営業日の14日に急反発し、1171円銭値上がりし、9448円をつけました。そころが16日に1089円も下げてしまい、27日には7163円まで下がっています。あがりしました。ところが、11月5日には再び9521円24銭まで急上昇しますが、これで回復しきったわけでなく、12月2日には7864円まで戻してしまいます。結局、明確に8000円を超えたのは、翌年の3月でした。

 今回がリーマンショックの例が参考になるかどうかはともかく、結局、株価なんていうのはあてになりません。東洋経済には底値サインが点灯しているとありましたから、8日が底値だったのかもしれません。 ただ、バイ・アンド・ホールドの長期投資家としては、積み立て時代はできるだけ下がって、取り崩す時代に上がってほしいので、正直、底値だったとしても万歳というほどうれしくありません。(もちろん、少しはうれしいwww)

 まあ、こういう乱高下のときは一喜一憂すると疲れるだけなので、娘をからかうとか、映画を見まくるとか、投資以外のことに注力していきたいと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR