ジミ婚ブームは終わり? 結婚式費用過去最多 

 結婚情報誌「ゼクシィ」の調査によると、2014年度の挙式、披露宴・披露パーティーの平均総額が前年度より19万円多い352万7000円で、全国調査が始まった05年以降で最高だったそうです。毎日新聞の記事。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 昨年4月の消費増税で3%分上がったほか、結婚式の多様化で高額な式が増えて、平均を押し上げたとのこと。ゼクシィ首都圏版の編集長は「もともと結婚式は景気に左右されにくい」と話していますが、確かに自動車やマンション購入は消費税前の駆け込み需要という話を聞きましたが、結婚式を駆け込みで挙げるというのはあまり聞いたことがありません。実際、消費増税で予算を減らした人は4%しかいませんでした。むしろ、景気がなんだかんだいって上向いているのかも。

 ただ、352万円というのは相当な額で、ご祝儀や親・親族の援助を除いたカップルの自己負担額は142万円になります。20代、30代で142万円も使えるのは、安定した収入がないと難しいでしょうし、贅沢といえるかもしれません。ただ、結婚式は多様化していますし、会費制の北海道は203万円と全国平均より150万円も安いのでいくらでもやりようがあると思います。また、調査対象がゼクシィの読者であり、そもそも結婚式を挙げようと思わない人はゼクシィを買わないから、実際の平均はもう少し下かもしれません。

 何よりも結婚式は形だけであり、心がこもっていればあんまり気にする必要がないと個人的には思います。それでも、地方に行けばまだ家と家の意識があって、豪勢にやらないといけないのかもしれませんが。

 バブルのころは豪勢な結婚式が多かったでしょうが、僕の場合、結婚式は東京のホテルで行ったけど、彼女の実家のある地方でもレストランでお披露目パーティーをしました。いい思い出になりましたが、それでも一人150万円ぐらい負担しており、いまとなってはもっとジミ婚でも良かったかな。

 まあ、贈与税も今年から変わって、結婚式への両親、祖父母の援助が300万円まで非課税の対象になっています。平成31年3月までの時限措置なので、今結婚を考えている若い世代は気兼ねなく裕福な高齢者世代の援助を受けてもいいと思いますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR