朝ドラ、「あさが来た」が面白い

 NHKの朝ドラ、「あさが来た」が非常に面白く、朝から一日を楽しませてくれます。前作の「まれ」がコツコツをバカにして破綻してしまい、途中でみるのをやめてしまいましたが、「あさが来た」は日本の資本主義の勃興を女性視点でうまく描いており、大人の鑑賞に十分堪えうる作品です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 主人公のモデルの広岡朝子は、三井家出身で大阪の豪商・鹿島屋に嫁ぎ、明治時代には筑豊の炭鉱開発、加島銀行や大同生命の創業など、当時の女性としては画期的な大阪経済界の重鎮として活躍。日本女子大の設立にも尽力しました。

 朝ドラ始まって以来初の、幕末スタートとなった本作は明治維新のころまで進んでいますが、広岡の史実のエピソードをちりばめながら、当時の大阪商人の生活を生き生きと描いています。あさが借金の取り立てで大名屋敷を訪れ、水夫部屋に閉じ込められた話も史実だそう。井原西鶴の「日本永代蔵」を手本にして、早起きや節約を生活の基本とする話は今でも通じますし、紙切れだけの借金の証文が信用できないというのも、何にでも疑ってかかるビジネスの手腕を思い起こさせます。

 また、ドラマにありがちな主人公万能ということもなく、失敗しながらも成長していくというストーリーや、大阪一の老舗でありながら、時代の波が読めずに没落する姉の嫁いだ山王寺屋との対比も分かりやすい。

 あさを演じた波瑠は、最初は演技がおぼつかない感じがしましたが、夫役の玉木宏、姉役の宮崎あおいら芸達者に引き立てられ、今では彼女のがんばりぶりをみるのが、こちらのエネルギーになっているほど。その玉木も、大阪の包容力のある若旦那が、キリリとした役柄よりもあっています。

 そもそも大河ドラマでも、商人を主人公とした作品はありません。信長、秀吉や龍馬といったおなじみの人たちをめぐる物語ばかり。しかも、「花燃ゆ」が典型ですが、ホームドラマ風味を無理矢理いれようとして、ぐだぐだになっています。それに比べたら商人目線の本作のできの良さがますます感じられます。

 いよいよ明治の新時代に入っていきますが、このままのおもしろさで続けていってほしいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR