金融資産ゼロの層が増える

 金融広報中央委員会は「家計の金融行動に関する世論調査」を発表しました。 金融資産の保有額は平均1209万円で前年より27万円の増で、中央値は前年と変わらない400万円でした。ところが、金融資産ゼロの層が30.9%と前年を0.4ポイント上回りました。これはリーマンショックの2011年を上回る数字で、二極化になっていることが分かります。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 金融資産ゼロの層は年代別でみると20歳代が36.4%と最も多いですが、働き盛りの40代で35.7%、定年間際の50歳代も29.1%に。40代、50代で金融資産ゼロでは、下流老人まっしぐらだから、本人たちは早急に対応したほうが良いでしょう。

 こういう調査があるとすぐに政府のせいにする人もいますが、調査をみると、本人の自覚不足も大きい。たとえば家計の資産負債バランスを「意識したことがない」が65.4%と3分の2近くに。また、「生活設計を立てている」は35.1%しかいません。家計のことをきちんと考えないと、お金はなかなか貯まりません。

 金融資産の種類では預貯金が53.2%と最多ですが前年より0.9ポイント減の微減。逆に株式は8.2%→8.9%、投資信託5.7%→7%と微増ですがリスク資産が増えています。まあ、これは新規に投資した層が増えたと言うよりも、昨年、リスク資産が世界的に好調だったためではないでしょうか。

 金融資産がある世帯に限ってみると、資産余裕額の平均は1819万円で前年より66万円増。中央値は1000万円でした。やはり、投資をしている層と、していない層で格差がどんどん開いていることが分かります。

 個人的に一番面白かったのは、「将来にわたりマイホームを取得する考えはない」人が前年より1ポイント増の27.9%に上ったこと。僕も現時点では賃貸派なので、仲間が増えるのはうれしいかも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR