みずほ銀行のAIに挑戦してみた

 一昨日書いた、みずほ銀行のAIを使ったロボアドバイザーサービスは「SMART FOLIO」といいます。 さっそく挑戦してみました。  参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 「年齢・年収・金融知識等の簡易的な質問に基づき、リスク許容度を分析のうえ、お客さまに適した投信ポートフォリオを表示」するそうで、なかでも低コストなインデックスを提案するというのが面白い。やはりフィンテックに感度が高い層は、金融リテラシーも高い層ということなんでしょうかね。みずほのサイトでは、初年度のコストが全ファンド平均4.45%なのに対して、「SMART FOLIO」の提案するポートフォリオは0.64%と低コストをうたっていますが、これって、高コスト投信で設けていた大手金融機関にとっては、勇気がいる表示だと思います。  さて、最初に年齢、資産運用の目的、年収などを聞かれたあと、いくつかの質問が続き、軽快に答えていきましたが、1年間のリスクがどれくらいかを聞く質問ではたと考え込みました。この手の質問で、「あなたのリスク許容度は?」と聞かれると、積極的なリスク志向をしていたのですが、具体的な金額として表示されると、ちょっと考えてしまいます。それでもハイリスク志向で選んだところ、結果がでました。  国内債券1%、ヘッジ外債4%、国内株式16%、海外株式47%、国内REIT11%、海外REIT21%という結果です。REITで3割はないだろうと思いましたし、結構、以外な組み合わせです。それでも、AIを信じるのならば、これが僕に適したものに。

 その後、ファンドの購入画面に映るのですが、問題は、この画面で%ではなく実額で購入するようになっていること。%でできれば、リスク、リターンの計算もすぐにできるのにと思いました。

 ちなみにmyindexで調べたところ(ヘッジ外債は先進国債券、海外株式、海外REITはいずれも先進国に投資で)過去20年の実績では平均リターン8%、リスク16.1%、シャープレシオ0.5とでました。現在の僕の目標ポートフォリオは平均リターン7%、リスク13・6%、シャープレシオ0.51ですから、それよりもアグレッシブですね。まあ、当面は自分なりで考えたポートフォリオでやっていきたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR