100年定期預金しても雀の涙

 毎日新聞によると、新潟県の旧新潟貯蓄銀行(現・第四銀行)が1915年に募集した100年定期預金が今年、満期になったそうです。第四銀行には今年に入り、先祖から預金証書を受け継いだという市民から「どうしたらいいのか分からない」などの問い合わせが数件あったとのこと。先祖が新潟にいた人は実家を探してみてもいいかもしれません。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 この定期、年利6%といまでは考えられない好条件でした。どのくらいの利用者がいたのか、銀行側の資料は残されていないそうですが、証書があれば、現在でも有効です。100年前の物価は公務員の初任給が40円~50円とのこと。もし、当時1円(現在の価値だと5000円ぐらい)を預けたとすると、満期の今、受け取れる額はなんと

 339円だそうです。

 実質的な価値は15分の1ぐらいになっているわけで、当時、子孫のために一財産残そうと思った人もいたみたいですが、残念な結果になっています。このため、銀行に問い合わせた人も「記念として保管する」といって、解約しなかったそうです。

 もし、戦争に負けなかったりすれば、インフレにも勝てたのでしょうか。いろいろ夢は広がりますが、逆に言うと、現実は「インフレは怖い」ということ。これだったら、預金をするよりも株や不動産を購入していたほうが、良かった可能性が高かったでしょう。近年の日本はデフレが長かったためピンとこないかもしれませんが、やはりインフレは恐ろしく、銀行預金だけでは対抗できないということですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR