超人スポーツでビジネスチャンスが

毎日新聞によると、最新ハイテクを駆使して「巨人の星」や「ドラゴンボール」の技を実際に作り出すことができる「超人スポーツ」を東大、慶応大などが研究しています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 「巨人の星」の大リーグボールはボールに小型ドローンをいれ、「ドラゴンボール」のかめかめ波はバーチャルリアリティーのゴーグルに映し出すそう。バブル・ジャンパーという巨大な塩化ビニール製の防護服を着て、ジャンプしながらぶつかる競技などもあり、2020年に超人スポーツの国際大会を目指すそうです。

 クールジャパンといわれても、実はアニメやゲームは海外の一部のオタク層にしか通じないのではという懸念がありました。しかし、実際にスポーツとして体感でき、普及するようになれば、世界的に日本のコンテンツが受け入れられ、クールジャパン市場が大きく拡大することになります。

 また、ウェア、シューズ、用具なども、従来のスポーツメーカーに限らず、IT企業やメーカーが開発に取り組めるわけですから、ここでも新たなビジネスチャンスが生まれます。新しい市場って、しかめっつらして考え出すよりも、こうした破天荒なアイデアのほうが、案外うまくいくかもしれませんね。

 暗いニュースが多いだけに、こういう、未来を楽しませてくれる話は大好きで、投資にも結びつくといいですね。

 さて、FISCOのソーシャルレポーターに、「ロボット、AIの時代に対抗するには」という原稿をアップしました。FISCO 、ヤフーファイナンス で見られます。興味のある方はどうぞご覧ください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR