ハイ・イールド大丈夫?リーマン以来最大の投信破綻

 ロイター通信によると、アメリカのハイ・イールド債ファンド「サード・アベニ ュー・フォーカスト・クレジット・ファンド」が清算手続きのため換金停止の措置をとりました。投信の破綻としては、2008年の金融危機以来最大のものになるそうです。

   参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 同ファンドは7月末以降の解約の急増と収益悪化で総資産額は21億ドルから10日は7億8900万ドルになっていました。年初来のリターンはマイナス26.98%ですから、投資家も逃げ出すでしょうね。ロイターの分析ではジャンク債の中でも、流動性の乏しいものの比率が高かったそうです。

 アメリカの利上げ観測が高まってリスクオフ指向が高まる中、、ハイ・イールド債も厳しいパフォーマンスが続いています。アメリカの大物投資家で、ハイイールドの売りポジションをもつ、カール・アイカーンさんは「ハイ・イールドのメルトダウンは始まったばかり」と警告しています。

 2007年にサブプライムローン問題で、BNPパリバ傘下の投信が解約を凍結した時には、マーケットが一時的にパニックに陥ったそうです。今回のサードアベニューがどこまで市場にインパクトを与えるかまだ分かりませんが、ボラティリティの高い相場が続きそう。

 僕も10万円程度ですが、ハイ・イールドのETFをもっており、ご多分にもれず、1年前からマイナス10%ぐらいと低迷しています。もともと、ハイ・イールドは手を出すと火傷しそうなので、ちょっとしか購入していませんでしたが、高分配で人気商品も多かったですから、そうした人は大変でしょうね。

 まあ、リーマンショックでこの世の終わりに見えても、わずか数年で株価はそれを上回ったわけだから、ハイ・イールドショックが起きたとしても、コツコツ購入は続けていこうと思ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR