セゾン投信のクリスマスブロガーミーティング

 セゾン投信のブロガーミーティングに大御所各位にまじって、ひっそりと参加しました。25日のクリスマスの夜に行われ、懇親会の庄やでは、バンガードから差し入れあった「ボーグル」(バンガードの創設者と同じ名前)というカリフォルニアワインもいただき、楽しい夜を過ごしました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 詳細についてはm@さんが書かれているのでそちらをご覧いただければと思います。

会場はバンガードの会議室で、溜池山王のバンガード本社にははじめてお邪魔しました。中野社長の説明のポイントは大きく3点

(1)低コスト競争は大手には太刀打ちできないが、立派な資産運用理念と哲学をもって魂込めたところを評価されると思う。
(2)日本郵便との提携は4月から共同活動を始め、全国の支社を回っている。郵便局でセゾン投信を売らないのは、現状ではセゾン投信の価値観を損なう可能性があるからと言われている。
(3)フィデューシャリー・デューティー宣言を出した。投信会社では他に三井住友アセット、東京海上アセットが出しているこれは法律でなく倫理だが、専らお客様のためだけに資産運用の仕事をする。

 (1)については、理念やそれを普及させるために受益者との対話を重視していることに僕も共感しており、引き続きセゾン投信の受益者として、毎月セゾン・グローバル・バンガードの積み立てをしていく方針は変わりません。
  (2)については、いつのことか分からないけれど、郵便局に低コストを含めた長期投資の概念、もっといえば、フィデューシャリー・デューティー宣言に則った精神が根付けば、郵便局でも販売が行われることになります。まず郵便局のネットからという感触でした。
 (3)については、文面も読んでいいことが書いてあるのは分かりますが、フィデューシャリー・デューティー宣言って横文字をいわれても、一般人には分かりません。もっとかみ砕いた表現にしたほうがいいと、これはセゾン投信というよりも、金融業界にお願いしたい。さもないと、金融機関側が一方的に宣言しているだけで、僕も含めた大部分の人は、タイトルをみただけで、読む気を無くすでしょう。

 質疑応答で僕は、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問について質問しました。セゾン投信とも日本のバンガードと関係ないということですが、コストの安いラップファンドを出す予定みたいです。これを含めたラップファンドのありかたについての思いは、後日、別項で書いてみたいと思います。

 2次会では、虫とり小僧さんがタンクトップになるのではと期待していたのですが、そういう無礼講にならず、紳士的な飲み会。バンガードの金野さんと名刺交換できたのが、良い思い出になりました。セゾン投信もジュニアNISAに取り組む意向とのお話も伺えたので、ホームページを見ましたがどこに書いているか分かりませんでした。もしスタートするなばら、僕はここでジュニアNISA口座を作るつもりです。

 セゾン投信、バンガード、そして参加ブロガーの皆さん、貴重なお話をありがとうございました。  なお、出席者のブログでセゾン投信についての記事は27日午前1時現在、次の通り。rennyさんナイトウォーカーさん水瀬ケンイチさん吊られた男さんまっきーさん

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

僭越ながら、質問させていただきたく、お願いいたします。
次回の予定日や、参加資格などはどうなっているでしょうか?
お名刺は、投資家用としての自作なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Re: こんにちは

コメントありがとうございます。

セゾン投信主催なので、誰が呼ばれるかや次いつ開くかはわかりません。
例年クリスマスだそうですが、参加者からは、さすがにクリスマスは忙しいとの
声も出てましたし。
僕の場合、昨年の草食投資隊の忘年会で、顔見知りのセゾン投信のかたと先輩ブロガーが
ブロガーミーティングの話をしていたので、自分も参加したいとお願いしたら招待状が
届き、初参加しました。今年は、昨年参加したから呼ばれたと思います。

名刺はブロガー名刺を作っていますので、スイス鉄道のようにさんとも
どこかでお会いできたら名刺交換させてくださいね
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR