コモンズ投信から感謝状もらった

 コモンズ投信から感謝状をもらいました。「ザ・2020ビジョン」の糸島孝俊ファンドマネージャーから、名前を呼び上げられ、手渡されました。こうしたものをみんなの前でもらうのって、高校の卒業式以来かもしれません。単純なものでなんかうれしかった。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 といって、僕が特別コモンズ投信になんかしたわけでなく、感謝状は16日に開かれた運用報告会に参加者全員に贈られました。参加者は数十人でしたが、署名は直筆。さらに、当日、飛び入り参加された方へは宛名も直筆で書いて(会場の隅で糸島さんが書いていた)おり、こういう手作り感あふれるイベントは大好きです。

 さて、その2020ビジョンですが、2013年末に設定された以来、これまでのところ成績は好調で、2年間のリターンはプラス34.6%(経費を差し引かれたあと)とTOPIX(ベンチマークではありません)の18.8%を大きく上回っています。個人的に評価しているのは、四半期ベースでみると下げ相場でも損失をTOPIXより抑えているということ。きわめてアクティブなファンドなので、この成績が今後続くとの保証はないですが、個人的には前述のような細かな受益者へのサービスも評価しており、積み立てを継続しています。

 運用報告会で糸島さんは、今後の相場について、日本株は月曜が底打ちで年央(選挙)までは上げ基調。2万円をトライする場面もありそう。アメリカの利上げのため、新興国などへのショックはあり、それがアメリカのグローバル企業にも影響するため、アメリカの株価はよくて横ばい、と予測しました。これも当たるかどうかわかりませんが(直前にでたモーニングスターのセミナーで、フィデリティのファンドマネージャーはアメリカ株は上げ上げという趣旨の話をしていた)、はきはきとした解説は好きなので面白かったです

 さて、2020ビジョンの純資産残高は50億円を突破しました。過去の独立系ファンドの25カ月目の残高は、鎌倉が14億円、コモンズ30とひふみが10億円なので、アベノミクスの追い風もあり、今のところ順調なようです。なお、さわかみファンドは25カ月目には216億円もあったそうで、カン・チュンドさんがさわかみファンドが日本の投資信託の歴史を変えたとファンド・オブ・ザ・イヤーの表彰式で語っていましたが、やはり、別格との印象をうけました。

 その後、懇親会にも参加しましたが、参加者の年齢が高かった(僕が一番若いくらい)というのが不思議でした。コモンズの受益者は現役世代が多いはずなので、もし、コモンズの受益者で運用報告会とか面倒くさいと思われている人がいれば、参加してみたらどうでしょうか。

 さて、FISCOソーシャルレポーターとして、へファンド・オブ・ザ・イヤーの記事を投稿しました。FISCOのほか、ヤフーファイナンス などでも見られます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR