投資のもうけより詐欺にひっかからないほうが重要

 日本FP協会東京支部の「くらしとお金の講演会」に行ってきました。豪華講師陣の講演、セミナーでしたが、一番印象に残ったのが、FOYの司会でおなじみの浜田節子さんの「賢い消費者になるために」。投資でもうけようとすることよりも、詐欺にひっかからないほうが、特に高齢世代の人には重要だと強く印象つけられました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 前の予定が長引いたため、大江英樹さんの老後貧乏対策の講演に間に合わず、藤沢久美さんの「どうなる?先行きのくらしと経済」の講演から聞きました。藤沢さんはダボス会議など世界のあちこちに行かれた話をされましたが、基本的にはこのブログと一緒じゃん、という話。というか、ダボス会議の世界トップクラスの人も、こんな市井の一ブログとたいして変わらないテーマを話しているというのは不思議です。

 具体的にはAIやロボットの進展で多くの職が失われたり、安い給料の仕事しかなくなるだろうことや、日本の年金財政のことを考えると高齢になっても働かなければならないなど、今後は何が起きるか分からない時代なので、自分で自分の身を守る必要があること。そのために、投資はその有力な手段で、若いうちからはじめたほうがいいということ。あと日本の場合、労働者不足なので女性進出がますます進むだろう、といった話です。

 続くミニセミナーは「子育て世代の生活設計」という、金融広報アドバイザーの中島典子さんが講師のセミナーを受けました。同時間にやっていた「相続対策」セミナーは満席でしたが、こちらは半分ぐらいといったところでしょうか。若いイケメン美女カップルが聞きに来ていて、非常にうらやましかったのはナイショです。中島さんの話を聞くのは初めてですが、老後の生活費がどれくらいかかるかは、その人の普段の生活費や何歳まで働くかによるとという、非常にまっとうなことをおっしゃていたので、信頼できるひとと思いました。これもこのブログに何度も書いていますが、はなから老後資金は「●●万円」という人は専門家でも僕は信頼していません。

 さて、最後にでた浜田さんのセミナーでは、実際に浜田さんの父親がワンクリック詐欺にひっかかったときの話しからはじめて、臨場感あふれるはなしっぷりに聞き入りました。高齢者になるとプライドが邪魔して、家族にも騙されていることをかくして、ますます被害が増幅すること。一度、詐欺にひっかかると、ブラックリストが出回り、山ほど詐欺師が近寄ってくるということなど、自分の身の回りでも気をつけなければならないなど、さすが体験しただけあって、迫真感が違います。そして、困ったときは消費者庁のホットライン「188」に相談するよう呼びかけていました。

 降り込め詐欺や投資詐欺だと、一人が何千万円という被害になるケースも結構あります。いくらお金をためても、これではまったく無意味。多少のリターンをあげようとアクセスするよりも、年利●%を保証するとか、あなただけに教えるという怪しい話にのらない金融リテラシーを付けるほうが先決だとしみじみ思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR