女児に換算する新IR指標登場

 よく、大きさを測るのに、東京ドーム何杯分とか換算しますよね。東京ドーム何杯分といわれてもぴんとこないのですが。最近、某社のIR資料に女児に換算する新指標がでてました。な…何を言っているのかわからねーと思うが、頭がどうにかなりそうだった。フィンテックだとかAIだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…(AA略)



 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ネタではないです。タカラトミーの平成28年3月期の決算短信にプリパラの説明がのっています。 プリパラは女児向けのトレーディングカードゲームで、テレビアニメも放映され、来月には新作劇場版も上映される人気商品。僕はまったくしらなかったけど、娘はちゃんと知っていました。



 さて、タカラトミーの決算短信では「プリパラは、稼働開始からわずか1年3カ月で会員登録者数が200万人を超え、メインターゲットである6~9歳の女児に換算すると全員がユーザーとなる市場規模に拡大」と書かれています。なんと日本中の女児が利用していることになるとか。



 実際は大きいお友達なども利用しているため、女児がどのくらい登録しているか分からないのですが、登録人数を年齢別人口と換算したのでしょう。うちの娘もプリパラには登録していませんが、1女児が一つの単位になるわけで、すなわち、プリパラユーザーは1女児にあたることになります。



 これは、さまざまな分野で活用できそう。例えば、バレンタインデーのチョコレートの売り上げは2女児だったとか、少子化で赤いランドセルの売り上げが0.1女児落ちたとか。ねとらぼで知ったのですが、そのうち日経新聞に、「今期の目標は前年比1.5女児」なんて記事が出ないか、ちょっと楽しみにしています。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR