40代のための資産形成の考え方

 フィデリティ資産運用塾の「40代のための資産形成の考え方」に行ってきました。講師は野尻哲史・フィデリティ退職・投資教育研究所所長。非常にオーソドックスな内容でしたが、iPadを全員に貸与して、ペーパレスでやったのは新鮮でした。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 フィデリティのセミナーはパンとお茶をくれるのでうれしい。入り口で適当につかんだらクリームパンだったけど、野尻さんによると、前日やった20代、30代セミナーに比べてあんパンが人気だったとか。うーむ、僕も年相応のパンにしたほうがよかったかな。

 セミナーでは、晩婚化などによって40代は、定年、介護、子供の大学進学が一緒になるトリレンマの危機に陥る可能性があると指摘。そうでなくても、老後資金を考えて早いうちから積み立て投資をしなければ、老後の生活は大変なそうです。30代月4万円、40代月5万円、50代月6万円のステップアップ投資をして、60~75歳の間は運用しながら取り崩し、75歳からは運用をすぱっとやめるというプランを推奨していました。

 資金不足の場合、60歳以降も働くことは大切ですが、フィデリティが大々的にやっているアンケートによると、同じ企業で働くとやめる人が多いけれど、他企業に移籍すると働き続ける人が多いとか。まあ、昨日まで部長とかいばっていたのに、給料が半減して、補助的な仕事しかできないと、やる気はでないでしょうね。

 質疑応答の時間がとってあるのもセミナーの特徴で、割と投資経験者がおおいためか、テクニカルな質問もあったのが印象に残りました。ところで、アイパッドでみた資料はあとでダウンロードできるのですが、僕はそのサイトのURLを控えるのを忘れてしまいました(笑)。IT化が進と、僕みたいなアナログ人間は大変です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>同じ企業で働くとやめる人が多いけれど、他企業に移籍すると働き続ける人が多いとか。

共感します。僕も父が他企業を転々していますが63過ぎて今年度末でまた移籍のようで、まだまだ現役です。
役職もありますが新しい環境というのは人に新しい活力を与えるのかもしれませんね。

定年過ぎても働く親から早いところセミリタイヤをしたい子供が生まれるというのは少し皮肉ですが(笑

Re: No title

456さんコメントありがとうございます。

63で転職してばりばり働くというのも、すごいバイタリティだと思います。
心機一転ってなかなかできることでもありませんよね。
世代的にも働くのが美徳という時代だったでしょう。

僕も456さん同様、セミリタイア希望なので、尊敬するけど自分にはできないな
と思ってます
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR