保活って大変なんだ

 (投資とは関係ありません) 認可保育園に入れなかった方が「日本死ね」とネットに投稿して話題を呼んでいます。認可保育園に入るために保活といって、さまざまな準備が必要なそうで、ネット上の情報には違法スレスレの方法ものっています。我が家は保活をしなかったし、最初から認可外保育園だったので、なんか別世界の話だと感心しています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 認可外保育園といっても、大手の教育企業が運営しており、教育の質は非常に高かった。地元の大学に協力してもらって、運動や美術は大学生がボランティアで教えてくれたし、本もたくさんあって、本好きになってくれたし、給食も我が家では好き嫌いをいって残す娘が完食していたし。先生方も熱心で、よくがんばって見てくれているなと感心しました。ビルの一角で、園庭はなかったのですが、近所に公園がたくさんある地域なので、あちこちの公園で、活発に運動していたようです。

 現在の職場が育児に理解のある環境であり(というか、窓際なので仕事面では期待されていない面もあるのですが)、妻が仕事で遅くなるときは、僕が迎えにいったり、子供が熱を出したときは半休を取って看病したりしていました。これはラッキーだったと自分でも思います。

 ただ、認可外なので、保育料は高かった。なんだかんだで10万円は超えていました。親の収入によって、保育料は違っていましたが、我が家は結構、家計を圧迫していました。もし、認可保育園だったらこの半分ですんだわけでしょうからね。3月で娘も卒園するので、教育費はだいぶラクになります。

 我が家は夫婦正社員の共働きで、二人とも中年でそこそこの収入があったから、これだけの額を払えたわけです。自治体によって状況は違うだろうけど、僕の住んでいるところでは、料金の安い認可保育園は、まだ、若くて収入がそれほどのない人を優先してあげて、払えるお金がある人は、充実している認可外でもいい気がします。

 日本政府の教育費はOECD諸国のなかでも低いレベル。無理な保活をせずに、子供の教育ができるように、政府はきちんと支出することが、解決策になるのでしょうけどね。

 FISCOソーシャルリポーターの記事を更新しました。FISCOヤフーファイナンスで見られます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR