やっぱりブラジルはダメだった

 ブルームバーグによると、ムーディーズはブラジルのソブリン格付けをジャンク級に引き下げました。これで、主要格付け会社はすべて、ブラジルを投機的にしました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 ムーディーズはこれまでのBaa3から二段階引き下げ「Ba2」に。見通しもネガティブで、さらなる格下げもありうるそうです。実は昨年9月、ムーディーズは「経済と財政の回復見通しからすると、ブラジルの格下げは正当化されない」としていました。 しかし、それから5カ月で、「債務指標はここ数カ月に顕著に悪化し、向こう3年も悪化が続く見込み」と、ブラジルへの見方は一変しちゃいました。

 投機的格付けになると、機関投資家の売却なども進むでしょうから、ますますブラジルレアルは安くなるでしょう。そうなると、日本の投信で、毎月分配型のレアルコースの基準価額はますます下がってしまいます。

 つい、1、2年前まで、ブラジルはオリンピックもあるし、金利も日本よりはるかに高いから、とレアル建ての債券や、投信がじゃんじゃん売れていました。でも、新興国の個別国に投資を集中するのはやはりリスク。僕自身、偉そうなことをいえずに、数十万円程度ですが、トルコとインドネシアの債券を持っていますが、償還後は新興国のインデックス債券に回す予定です。

 ブラジルについて、一昨年の年末ぐらいまで、ヤフー知恵袋で、「レアルだけの債券どうしましょうか」という質問があるたびに、「自分だったら即座に売却しますよ」と回答していたのですが、こういう人って、「持っていればいつかはプラスになりますよ」という回答を期待しているんですよね。こちらがアドバイスしても、無視する人が多かったので、ヤフー知恵袋に書き込むこともなくなりました。あの時質問していた人が、さっさと見切りを付けていることを祈ります。

 ところで、ムーディーズとジャンク級で検索したら、東芝がでてきました。株とソブリン債を単純に比較できませんが、なんか笑っちゃいました。僕は、以前、東芝株を相続で受け継ぎましたが、個別株はできるだけ減らしたかったので、さっさと売却しました。そのころから半分以下に株価はなっています。ここでも、集中投資は怖いなと思いました。

 *追記 一昨年、母が証券会社から勧められてレアル建ての毎月分配型投信を持っていたので、速攻で処分してもらいました。身内もでこうなんですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR