退職の理由をなんていおうか。

 日経WOMANによると、会社を辞める際、約半数が、会社に実際とは異なる退職理由を告げたそう。円満退職をはかりたいのですが、辞めるときぐらい、本音をたたきつけたいというのは、ビジネスパーソンの妄想なんでしょうかね。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 エン・ジャパンの調査を紹介しています。会社に伝えた退職理由の1位は「結婚、家庭の事情」ですが、実際は「人間関係」がトップで、表向きの理由の「家庭の事情」はわずか2%しかいなかったそうです。

 以下、建前の退職理由は(2)体調を壊した(3)仕事内容と続きますが、本音では(2)評価・人事制度(3)社風や風土、給与、拘束時間の3項目が同率。会社に不満があっても、最後まで黙って辞める様子が目に浮かびます。

 まあ、同業他社や、今までの勤務先と関係ありそうなところに転職するのなら、喧嘩別れでなく、円満退職をはかりたいというのは、大人の智恵なのかもしれません。でも、内心不満を抱えての退職なら、問題点を指摘したほうが、会社のためにもなる気がしますが、どうでしょうか。

 もし、僕が自分が望んで退職するときは、「早期リタイアが夢だからです!」と答えるつもりですが、果たしていつのことになるやら(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR