医者は金持ちになれない

 AERAに「高収入でも金持ちになれない 医学部のコストとリターン」という記事がでていました。医師というと、高校時代に勉強が一番できた人がなるエリートという印象がありますし、テレビドラマの白い巨塔の世界を想像しますが、現実は違うようで。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 344人の医師にアンケートしたところ、8割以上が年収1000万円以上で、さすがの高収入。しかし、2000万円以上は20%にとどまっており、大金持ちというのは案外いないものです。しかも、休日は月6日以下というのは7割、3日以下というのも2割いるということで、とにかく忙しい。勤務医だったら当直などもあるわけですし、年収1000万円もらっていても時給換算ならたいしたことないのでは。

 貯金額をみると、500万円以下が23%と4分の1。1000万円以下をいれると、46%とほぼ半数が1年間の年収分も貯金ができていません。設問は貯金ということですが、金融資産と判断すると、T・スタンリーのいうところの蓄財劣等生そのものですね。逆に、5000万円以上の準富裕層は9%、1億円以上の富裕層は7%しかいません。

 なぜ、収入が多いのに資産がないのか。記事では「学会などにいかなければならないが自腹が多い」「開業資金がかかった」「国公立大の教授は副業禁止なので、年収1000万円あるかないか」などの声が上がっています。このほか、医師の奥さんは贅沢だったり、生活レベルが落とせないこともあるのでは、とにらんでいます。

 さらに訴訟リスク、過労、人間関係などなど、苦労はたくさん。美人MRに連日接待うけるような先生というのは、ごく一握りなのでしょうか。「エリートでなく肉体労働」という声はちょっと哀しかったですね。そうしたなか、投信ブロガーの医師のかたは、普通の医師とは目の付け所が違う貴重な存在な方々かもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

医者の学会費などは製薬会社から出ます。副業も、勤務先に申請もしなくてよい副業も多いです。これらは単価も高く、1時間当たり万単位です。表だって言えば貧乏人に嫉妬されるので、言わないだけでしょう。

公になっている情報を鵜呑みにされるのもどうかと思います。

Re: No title

コメントありがとうございます。

昨日、診療報酬不正請求で逮捕された、テレビにも出ていた女医はお金に困っていたそうで
医者の中にも格差があるのでしょうね。お金持ちの医師もいるでしょうが、金もうけだけ
かんがえると、訴訟リスクもないし、医師になるより外資系の金融機関かコンサルになるほうが、
分がいいと思います。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR