被災地で預金急増

 東日本大震災から5年。日経新聞によると、被害の大きかった、岩手、宮城、福島の3県で預金が急増。3月末で約22兆円と、2011年3月末と比べ34%も増えているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 国の復興交付金や原発事故の賠償金、保険金、寄付金などが預金口座に積み上がったそう。なにしろ、東京電力の賠償金だけで6兆円になりますから。福島最大手の東邦銀行は預金量が8割増に膨らんだそうです。しかし、融資は預金ほど伸びず、預貸率は70%から53%に下がったとか。

 まったく個人的な感覚ですが、自宅金庫に保管していて津波に流されたらどこからも賠償されないわけですから、被災地では自宅に置くより、銀行にという人もいるのではないでしょうか。また、あれだけの災害をうけたあと、リスクをとるのに慎重になるから、投資よりも預金ということもありえそうです。

 東京で大地震があったときも、預金シフトが増えるのでしょうか。大地震はいつか分からないけど必ず起きるので、気にかかるところです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR