【投資本4】投資バカにつける薬

 経済評論家の山崎元氏が、投資に関心があるけれど、誤った行動をしている人に警告をする啓蒙本。Q&A方式で、個人投資家を騙そうとする金融機関にどう対応すればいいのか、問題点をバッサリ切っているのは小気味いいけれど、あまりにも一刀両断なので、本当なのかと疑問を持っているところもありました。この本をまるっと信じるのでなく、自分で消化していくべきなのでしょう。

 まず、個人投資家の無知につけこんだり脅したりする金融機関を批判する第1部は、読んでいて気持ちがいいほど。たとえば、「だったらなぜ自分(金融機関自身)で投資しないの?」「国家財政が10年以内に破綻する確率は」などなど。個人投資家のみならず、家族や友人が金融トラブルに巻き込まれないためにも必読といえるでしょう。特に生命保険の付加保険料が30~40%にも上るというのは驚き。つまり、支払っている保険金のうち30~40%は保険会社の取り分となっているということです。こんなに割の悪い金融商品というのは、まずほかに例がありません。
 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 ただ、長期投資がリスクそのものが減少しないとして、リスクが減少するとか、若いうちはリスクがとれるといっている人は「インチキをいっている」とバッサリきるのはどうなんでしょうかね。それこそ、「ウォール街のランダムウォーカー」をはじめ、投資の基本的な文献すら「インチキ」となってしまうわけですから。

 また、一括か分散(ドルコスト法)か、などについても、個人投資家の現実(一度にそんな大量の資金をもっていない)をみておらず、理論先行のように思えます。そんな不満を持つこと自体が、山崎さんからみれば、何もわかってない投資バカということなのかもしれませんが、日々の経験とかけはなれることはなかなか受け入れがたいですね。

 内容    ★★★
 読みやすさ ★★★★★
 図書館で借りた

「投資バカ」につける薬 (講談社BIZ)「投資バカ」につける薬 (講談社BIZ)
(2006/04/21)
山崎 元

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR