社会に満足している人は過去最高



 内閣府の世論調査によると、「現在の社会に満足しているか」との問いに、「満足している」と回答した人は62%で、過去最高だったそうです。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 満足している点で最も高かったのは「良質な生活環境が整っている」で42.7%。「心と身体の健康が保たれる」「向上心・向学心を伸ばしやすい」「働き方を選択しやすい」の順。昨年の調査と比べると、働き方を生活しやすいが増えており、20代、30代の若い世代での割合は高くなってます。

 逆に不満な点は「経済的なゆとりと見通しが持てない」が44.4%と最多。「若者が社会での自立を目指しにくい」「家庭が子育てしにくい」「熟年・高齢者が社会と関わりにくい」「女性が社会での活躍を志向しにくい」などとなっています。

 こうしてみると、安倍内閣の「景気回復」「一億総活躍」という政策は、国民の不満にうまく対応していると思います。来月に具体策が発表されますが、実効性のあるものだったら、国民の不満はさらに解消されるでしょうし、かけ声ばかりで終われば失望に終わるでしょう。

 それにしても、満足している人が過去最多というのはちょっと意外な気もします。「下流老人」「保育園落ちた日本氏ね」など、世間では日本に対する不満にあふれている印象がありましたから。多くの人は満足しているわけですね。僕も生きていて不満は多々ありますが、基本的には自分の問題だから、社会にたいしてはまあ満足かな。少なくとも諸外国や過去の日本に比べると、問題はあるとはいえ、はるかにましだと思います。

 選挙が近づき、野党やリベラル系のマスコミをみていると「安保」「政局スキャンダル」などで、自民党攻撃をしようとしていますが、国民の要望と完全にずれている気がします。やはり具体的な経済政策が一番争点として必要なのに、このままではまた夏の選挙でも与党が圧勝しそうな予感がします。、

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR