ひふみ、年内にも米国株組み入れか



 ひふみ投信を運営するレオスキャピタルと、ネット家計簿のマネーフォワードのコラボセミナーにいってきました。マネープランや投資信託の基本的なおさらいができましたが、一番、驚いたのが、ひふみが年内にもアメリカ株を組み入れする可能性があるとの発言でした。以前から、ひふみが海外株も組み入れられることをしっていましたが、予想より早いタイミングです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 前半はMoney&Youの頼藤太希代表と高山一恵取締役が「ライフプランからみた資産形成」の説明。ライフプランのたて方の説明や、マネーフォワードの利用方法などを教えてくれました。平均寿命が男でも80歳近くなるなか、少子高齢化で自分が高齢者になったときに支える現役世代が少なくなるし、国や会社は守ってくれなくなるだろうから、自分で防衛するしかないですよね。そういうことを改めて実感できました。

 なお、頼藤さんの「金融機関が教えたがらない年利20%の最強マネー術」は確定拠出年金を扱った著書で、すらっと読める本です。そのうち、書評でかくかもしれません。

 後半はひふみの白水美樹取締役が投資信託の基本を教えてくれました。日本の投信は9977本で、もうすぐ1万本になるのですね。そのなかで、ひふみと兄弟ファンドのひふみプラスはリッパーのアワードをダブル受賞したそうで、受益者としても、好成績はうれしいです。

 ひふみの特長として、変化する株式市場に応じた柔軟な運用があり、例えば、アベノミクス開始直後の2012年末は4割以上が大型株でした。現在は中小型株が多いですが、投資の幅を広げるためにアメリカ株の組み入れもありうるということで、もし購入した場合、どんな企業を購入するのか楽しみです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひふみ投信が米国株投資を本格的に検討開始か

リンク先の記事で投資先の「ひふみ投信」において、米国株へも投資範囲を拡げる動きがあることを知りました。 (参考)ひふみ、年内にも米国株組み入れか(夢見る父さんのコツコツ投資日記) この記事を見て最初「それには反対!」という感情が私の中で現れました。 ブログタイトル「ひふみ投信の米国株投資には反対!」で当初記事を書こうかと思いましたが、少し冷静になって記事にしてみたいと思います。 Google...

ひふみ投信の米国株組み入れに思う国内株式アクティブファンドの限界

夢見る父さんのブログによると、ひふみ投信(ひふみプラス)が年内にもアメリカ株を組み入れする可能性があるとのことです。 ひふみ投信ホルダーにとっては以前から言われていたことでしたが、期限も見えてきたことで現実味を帯びてきました。 ひふみ、年内にも米国株組み入れか - 夢見る父さんのコツコツ投資日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR