初任給は好きに使えばいい



 多くの新社会人にとって、初任給がでたころでしょう。投資家ブロガーさんは新社会人いろいろアドバイスをされ、投資や貯蓄を勧める声が多いみたいですが、僕は初任給は好きに使えばいいと思います。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 先日、「アイアムアヒーロー」という映画をみました。大泉洋主演のゾンビ映画で、平穏な日常がゾンビの出現であっという間に崩れていく様子は、ハリウッド大作にも負けないできの良さでした。それをみて、つくづく思ったのは、人生は楽しめるうちに楽しまなければ、ということでした。

 ゾンビは実際にはありませんが、災害や病気、失業など、人間はいつどんな不幸が起きるか分かりません。そのときに武器になるのは、実は若さです。気力体力が充実していれば、中高年よりも不幸に立ち向かえる可能性は高い。生物学的にも、食べるにせよ、遊ぶにせよ、働くにせよ、最大限楽しめ、無理もきくのは若いうちです。同じ美味しいものを食べるのでも、味覚が落ちた高齢者で食べるより、若いうちに食べたほうがいい。異性と遊ぶのもそうで、体力があったほうがいい。

 中高年が不幸に立ち向かえる手段は、若さの代わりに経験とお金だと思ってます。このうち、お金についてはきちんと勉強しておけば何とかなります。もちろん若い内に始めたほうが有利だけど、30歳ぐらいで考え出しても、十分、間に合うのでは。時代が違うとはいえ、僕がお金のことを真剣に考えて、勉強を始めたのは40歳でした。

 一方、経験のほうは、若いうちにいろいろやっておかないと、経験値がたまりません。むしろ、失敗したほうがいいかも。中高年で失敗すると取り戻すのに時間がかかりますが、若さはそれを十分に補える。だから、初任給は貯金するよりも、お世話になった人にプレゼントするとか、自分へのご褒美をするとか、浪費してしまっても全然OKだとおもってます。

 ただし、借金(リボ払いも含む)はNGで、初任給の範囲がどのくらいを知っておくことは大事です。そして、5月になったら、月1万円でも天引きで社内預金や財形をやり、投資に関心が持てそうだったらDC(確定拠出年金)でインデックス投資をするぐらいの順番でいいと思います。とにかく資産運用よりも、仕事と遊び、それぞれに全力を尽くすぐらいの心構えでいいのではないでしょうか。

 だいたい、一般的なサラリーマンだったら、身の丈にあった生活をすれば、老後は65歳まで働ければ、あとは2000万円あれば足りるでしょう。それだったら、新入社会人から無理に資産運用しなくても、最初は好きに使いつつ、ちょっとずつ勉強と天引き貯金をしていくぐらいで、十分間に合うと思います。それが、おじさんが自分の新社会人のころを振り返っての率直な感想です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR