FC2ブログ

確定拠出年金の大きな欠点

 竹川美奈子さんの新刊、「金融機関がぜったい教えたくない 年利15%で増やす資産運用術」をはじめ、最近、確定拠出年金を推すFPさんやブロガーさんが多く見られます。私も確定拠出年金は利用していて、メリットについては以前書きましたが、大きな欠点に気づきました。税理士などには確認していないのでもし間違っていたらご指摘してください。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

金融・投資 ブログランキングへ



 それは受け取るときの税制です。一括して受け取る場合、課税対象になりますが、自分がこれまで積み立てた掛金も課税対象になってしまうのです。元は自分が出したお金なのに、それに税金がかかるって、不思議な気がしませんか。

 例えば自営業の確定拠出年金の拠出上限は年81万6000円です。仮に10年入って、816万円を拠出しました。ところが、運用損があって700万円になってしまったとします。退職控除は年40万円ですから、10年間で40×10で400万円。そうすると700-400で300万円の2分の1の150万円が課税対象になってしまいます。そうすると、816万円を銀行に預けていれば、利子の1割にしか税金がかからないのに、確定拠出年金で預けると、運用損をしたうえに、さらに、税金が(所得税率によりますが)数十万円を取られてしまう、泣き面に蜂の状態になってしまいます。

 また、私の場合、サラリーマンの個人型年金に入っています。この場合、確定拠出年金と退職金を同時に受給すると合算して課税対象になってしまいます。会社に30年勤めて退職するとなると、退職金控除は1500万円です。もし、会社の退職金が1200万円だとすると、退職金は非課税になります。ところが、ここに確定拠出年金が301万円以上あると、非課税枠を超えるため、課税対象になってしまいます。

 そうすると、年金受け取りと一括受け取りの併用で税金を減らすしかないのですが、この計算も面倒くさそうです。確定拠出年金で個人が拠出した分まで課税対象にするのは、理屈に合わないような気がします。生命保険会社の個人年金だと運用益だけが課税対象になるので、確定拠出年金の大きな欠点ではないでしょうか。 


金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術金融機関がぜったい教えたくない 年利15%でふやす資産運用術
(2013/01/09)
竹川 美奈子

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。コメントさせて頂きます。
個人型確定拠出年金は、掛金が全額所得控除になるので、貰う時に全額について課税されるのは、合理的だと思います。

退職所得は、2分の1されますから、その点でも税金上有利だと思います。

個人年金の生命保険は、いくら払っても年間最大5万円しか所得控除されません。税率20%なら年間1万円の節税にしかなりません。

やっぱり個人型確定拠出年金はお得だと思います。

運用損は、節税とは少し別の問題だと思います。

Re: No title

コメントありがとうございます。

確定拠出年金は、退職金が少なくて、税控除も対象な私にとっては有効なものです。
しかし、すべての人に有効なのか?というのがこのエントリーの趣旨です。
例えば年収400万円以下は所得税を事実上払っていないとされます。
http://zukolog.livedoor.biz/archives/20671961.html
所得税を払っていなければ、税控除の恩恵を受けません。

また、金融取引で損失をだした場合に、通常は課税されませんが、確定拠出年金では
退職金控除を超えたら、課税されることをどれだけの人が理解しているでしょうか。
確定拠出年金が便利だとすすめる書籍やブログでこのような記述は見たことがありません。
「年利15%でふやす」などといわれると、通常の金融取引から考えれば、増えた分しか
課税されないと思うのではないでしょうか。

私自身、確定拠出年金に入るとき、運用損の危険性はいわれましたが、受け取り時の
税金については詳しい説明がありませんでした。知らないまま損をする可能性を
少しでも多くの人に知ってもらえれば、幸いです。

No title

回答ありがとうございます。
一般的に所得が低く税金を納めていない人は、掛金も少なく退職所得が課税されない人が多く、掛金を多く払う人は所得が高く節税効果も高くなるのではないでしょうか。

ですからやっぱり個人型確定拠出年金はいい制度だと思っています。

ただし、自分で調べて自分にとっていい制度かを確認してから加入する必要があることは当然のことだと思います。

記事の意図と的外れなコメントになっていたとしたらすいません。

Re: No title

再度のコメントありがとうございます。
書き方が悪かったかもしれませんが、私個人にとっては個人型確定拠出年金はいい制度です。
ただし、すべての人にとってそうとは限らないということ、やはり投資なので加入するからには
きちんとリスクを調べるべきだけど、今世の中には受け取る税制に関する指摘が少ないことを
伝えたかったのです。

ちなみに、現在のサラリーマンの平均年収は約400万円で、大卒社員の退職金平均は約2200万円。
大卒後すぐ就職して37年間勤めた場合、退職控除は1990万円になるわけですから、
確定拠出年金に入ったため控除額を超えてしまう可能性は、平均的なサラリーマンには
十分起こりうると思います。


> 回答ありがとうございます。
> 一般的に所得が低く税金を納めていない人は、掛金も少なく退職所得が課税されない人が多く、掛金を多く払う人は所得が高く節税効果も高くなるのではないでしょうか。
>
> ですからやっぱり個人型確定拠出年金はいい制度だと思っています。
>
> ただし、自分で調べて自分にとっていい制度かを確認してから加入する必要があることは当然のことだと思います。
>
> 記事の意図と的外れなコメントになっていたとしたらすいません。

No title

こんにちは。初めまして。
少し気になったのでコメントさせていただきます。

確定拠出年金の大きなメリットの一つが受け取りを一時金(退職所得)と年金(雑所得)から選べ、併用可能というところにあります。

そこを、「計算が面倒くさい」で済ましてしまったら折角のその前の計算が台無しではないでしょうか?

最初の例でも300万円を60歳から65歳までで年金で受け取れば他の公的年金がなければ課税は発生しませんし、そもそも拠出時に最低税率(所得税5%住民税10%)で考えても120万円以上節税になっているのを考えると、退職所得で税金を払ったとしても十分お得ではないでしょうか?

もちろん拠出時に所得がなく所得控除が関係なかったという場合もあると思いますが、そんな人が年81万も拠出するとは考えにくいですよね。

ご自身(お父上?)の例でも、60歳~65歳までで年金で受け取れば350万までは非課税(他に公的年金がない場合)ですし、基礎控除等を入れれば500万円程度は非課税で受け取れます。

ちなみに、他に公的年金がない場合と書きましたが、サラリーマンで60歳からもらえる公的年金って何かありましたっけ?(企業年金の加入者は個人型に加入できないし・・・小規模共済?厚生年金基金も65歳からだったかな?)

確定拠出年金は受け取り方までケアされているのでとってもいい制度だと思います。受け取る時の事も考えて拠出額を決定すればもっとお得な制度になるんじゃないでしょうか?
(もちろん今後の税法改正、公的年金の破たん等リスクもありますがw)

Re: No title

> 確定拠出年金の大きなメリットの一つが受け取りを一時金(退職所得)と年金(雑所得)から選べ、併用可能というところにあります。
>
> そこを、「計算が面倒くさい」で済ましてしまったら折角のその前の計算が台無しではないでしょうか?

 経済学的におっしゃることはまったく正しいのですが、投資に関心が薄かったり時間がとれなくて、「面倒くさい」という感情の人は結構回りにいます。私自身もインデックスメインなのは面倒くささ薄さですし、まだ20年近く先の話を細かく計算するのは面倒くさくなります。
コメントありがとうございます。


> 最初の例でも300万円を60歳から65歳までで年金で受け取れば他の公的年金がなければ課税は発生しませんし、そもそも拠出時に最低税率(所得税5%住民税10%)で考えても120万円以上節税になっているのを考えると、退職所得で税金を払ったとしても十分お得ではないでしょうか?
> もちろん拠出時に所得がなく所得控除が関係なかったという場合もあると思いますが、そんな人が年81万も拠出するとは考えにくいですよね。
>

 自営業のかたで、できるだけ所得税の支払いを抑えようとしている人は多く、でも税理士に勧められたからこの制度をやってみた人もいるようです。 


> ご自身(お父上?)の例でも、60歳~65歳までで年金で受け取れば350万までは非課税(他に公的年金がない場合)ですし、基礎控除等を入れれば500万円程度は非課税で受け取れます。

 このことはFPの方にも言われました。経済合理性とは別に、いったん自分の懐に入ったものに税金をかけられるというのが嫌な気分がするのですね。

>
> 確定拠出年金は受け取り方までケアされているのでとってもいい制度だと思います。受け取る時の事も考えて拠出額を決定すればもっとお得な制度になるんじゃないでしょうか?
> (もちろん今後の税法改正、公的年金の破たん等リスクもありますがw)

私も現時点では良い制度だと思って、自分では最大限活用しています。ただ、特別法人税は凍結させられているだけなので、これが復活した場合、かなりのデメリットになります。それもあるので、周囲に積極的に進めてはいません。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
50歳でセミリタイアしたおっさん。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR