バフェット氏、アップル株を購入



 日経新聞によると、アメリカ最大の投資家、ウォーレン・バフェット氏が率いる「バークシャー・ハザウェイ」が、アップル株を初めて購入したそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 16年1~3月期に、約10億ドル(約1100億円)で、発行済み株式の0.2%分を取得したそうです。バフェット氏は自分の分からないものに投資しないというのをポリシーとして掲げ、今世紀初頭のITバブルのときは、IT銘柄に一切投資しなかったため、「バフェットは終わった」などと言われました。しかし、その後のITバブル崩壊で笑ったのはバフェット氏だったというのは有名な話です。

 その後、2011年にIBMの株を107億ドルで購入し、バフェットもIT株を買うのかと驚かれましたが、「ハイテク株ではなく、IT企業の事業を手助けする会社」という説明をしていました。しかし、IBMの株価はその後5年、150ドル前後をウロウロしています。ただし、IBMは高配当利回りで知られており、インカムゲインは毎年数億ドルに昇ると見られます。

 さて、アップル株購入はどういうわけなのでしょうか。まさ、アップルがハイテク株でないというわけもないでしょうし、スマホ市場の頭打ちなどで、株価もこの1年で130ドルから90ドルへと3割近くも下がっています。

 もっとも、バフェット氏は長期投資で知られており、アップルの技術力などを考えれば、目先はまだしも、長期的に見れば十分価値があると判断したのかもしれません。また、日経によると、配当金狙いとのこと。スマホがコモデティ化しているので、これらの点から投資対象になったのかもしれません。

 バフェット氏の購入がアップルの株価上昇のきっかけになるのでしょうかね。また、バフェット氏はマイクロソフトのビル・ゲイツ氏と仲がよいですが、ゲイツ氏が一緒にアップル株を買えば面白いのに、と余計なことも考えてしまいました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

PERが極端に低く、高ROE。圧倒的な知名度とシェアの占有率。
 東芝やシャープなどとは違い工場を持たず製造は委託し、自身は設計や販売と美味しい所で利益を稼ぐ。

 5-10年後にはバフェットの代表銘柄になってるかもしれませんね。

Re: No title

バフェットは勝機をみたのでしょう。アイカーンはじめ著名投資家と
違う判断がどうなるのか楽しみです。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR