銀行、保険手数料の開示見送り



  産経bizによると、金融庁は銀行窓口で販売される保険商品の手数料開示を見送るそうです。銀行では過度に手数料の高い商品を勧める場合があり、金融庁は10月に手数料開示を行うべく、監督指針の改正案を公表する予定だったのが、凍結されたそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


投資信託などは販売手数料や信託報酬が公開されています。しかし、同じ銀行で販売されるものでも、変額保険などの保険商品は手数料がいくらか分かりませんでした。産経によると、手数料が10%に上るものもあったそうです。そのため、金融庁は今年に入り、手数料開示を求めていました。

 しかし、銀行業界はマイナス金利などで収益が悪化しているなか、代理店が手数料を公表していないのに、銀行だけ手数料を開示すると、販売が落ち込む懸念があると反発していました。

 20日の日経新聞には金融庁幹部が「手数料透明化は顧客本位の業務運営の1丁目一番地」と意欲を示している一方、地銀を中心に銀行業界が反発しているという記事がでていただけに、わずか数日でこんな結果になるというのは残念です。結局、金融庁も消費者よりも業界をまだむいているということでしょう。 

 そもそも、自分が分からないものには投資しないのは鉄則であり、手数料が分からない保険はその鉄則から外れます。外貨建て保険や変額保険は投資信託と基本的には変わらない運用なわけですから、銀行だろうが代理店の販売だろうが、僕だったらパスです。それより、確定拠出年金法の改正が国会で成立したので、確定拠出年金の掛け金を上げるほうをお勧めします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR