NISA口座は増えたけど、ジュニアNISA低調

 金融庁の発表によると、昨年末現在のNISA開設口座数は987万口座で、制度1年目の14年末時点と比べて20%増えました。日経新聞が報じました

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 NISAは1人1口座しか作れませんから、1年目の業界上げた猛烈なPR合戦が落ち着いた2年目はどうなるかと思ったけど、順調に伸びているようです。もっとも、日本の人口からすると1割もいっていないわけですが。

 しかも、口座開設者のうち、一度でも投資した人の割合は47%で、1年目と同様に半数超の人が開いただけです。これも初年度はキャンペーンとかあったので開設するだけで投資しないというのも何となく分かるのですが、2年目でもこういう状況というのが不思議ですね。

 年代別では60歳以上が54%と半数超を占めますが、20代(4.5%)、30代(9.8%)も少しずつ増えてきているそうです。先日の確定拠出年金法改正によるDCも含め、確実なコストとなる税金にどう対処するか、特に投資期間が長くなる若年層ほど重要になります。損益通算ができないなど使い勝手の悪いのも事実ですが、せっかく開設したならば、投資してもいいのではないかな、と思ってます。僕自身もフル活用しています。

 一方、4月に始まったジュニアNISA口座(主要10社集計)は1カ月で4万口座と低調です。 日経では「成人向けNISAに比べ煩雑な手続きや資金の引き出しに制限が付くことなどが敬遠されている」と書かれています。資金の引き出し制限は、子供の大学資金までの長期投資と考えれば問題ないのですが、マイナンバーをはじめ、手続きの煩雑さはやっかいです。

 僕自身、セゾン投信へのジュニアNISA申し込みが却下されたりしましたが、もう、あんなに手続きで頭を悩ますのは遠慮したい。それでSBIに口座開設しましたが、全体から見ると少数派なんですね。他のオヤジ投資家はどうされているのかなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR