日本の政府債務残高、世界最速で減少



 ブルームバーグによると、日本の政府債務残高は、世界最速のペースで減少しているそうです。現在のペースが続けば、アベノミクスが始まってから6、7年で、4割近く削減されることになります。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 これは、国債を大量に日銀が買い入れているためで、中央銀行が国の借金の貸し手になっているわけですから、通常の意味で借金を返済する必要があるとはいえません。記事では富士通総研のシニアエコノミスト、マルティン・シュルツ氏による、民間部門の保有している政府債務残高は2012年末のGDP比177%が、あと2、3年で100%まで低下する見通しとの試算を紹介。要は返さなければならない借金が減っているというわけです。

 ただ、そのことを政府が公然といってしまうと、信頼を損ねてしまう危険があるとの別の専門家の見方も紹介しています。

 僕自身はこうした状況もあり、アベノミクスに一定の評価をしています。雇用も過去20年でトップクラスの状態になっていますし、企業の利益も過去最高を更新しつづけています。経済政策でアベノミクスが失敗と野党は批判していますが、民主党時代の経済政策と比べると、論拠は不足しているのではないでしょうか。

 また、もし、野党がそう思うのなら、アベノミクスに対抗するオカダミクスなりを打ち出せばいいのに、それすら見えてこない。むしろ、当初の三本目の矢の岩盤規制改革はどうなったのか、自分たちならできるとか打ち出せばいいのに、野党も農業、労組など既得権益を守っているので難しいのかもしれません。いずれにせよ、参院選でまともな経済論争が起きることを期待します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR