500万円も減って退職金は大丈夫?



 厚生労働省によると、大卒の平均退職給付額は1941万円で、10年間で500万円も減りました。さらに、マイナス金利や確定給付年金の減少など退職金をどうするかは大きな課題です。毎日新聞の記事より。 

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 そうはいっても退職金がでるだけ幸せかもしれません。厚労省の調査では退職金のある企業は7割程度しかなく、3割はでません。僕も勤務先には退職金がありますが、窓際平社員のままだし、途中リタイアを狙っているし、仮に定年まで勤めても、今より退職金は減少して雀の涙しか退職金はでないだろうから、あまりあてにはしていません。

 それはさておき、退職金をどう使うかはサラリーマンにとっては重要な問題です。記事では、3人の専門家の話を紹介していますが、退職金や企業年金をどれだけもらえるか事前に知り、それをもとに老後の計画を立てるというのが必須になります。

 特に投資を始める場合、60歳で退職金を預けた銀行に勧められて生まれて初めて行う、というのは銀行側に有利な商品を購入して損する可能性もあります。確定拠出年金に全国民が来年から入れるし、NISAもあるわけですから、投資をしたことのない人も、現役時代のうちから少額でも投資をして、せめてインデックス投資とは何かぐらい理解したほうがいいでしょう。

 退職金は相続などがなければ、一度に多額のお金をもらう最後の機会になります。従って、人にいわれるがままに、自分のわからないものに投資するというのは、最悪の選択になります。

 退職時には今後の人生のプランをある程度考え、お金が足りなければ、働く期間を伸ばしたり、節約をするなどの対策をとるようにすべきです。年金もこれから減額傾向にあるわけですし、自分の身は自分で守るということが、僕ら現役世代にとって重要な準備だと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

私の会社は確定給付年金が無く、企業型確定拠出年金に加入しております。記事に書かれていたように来年からは退職金がある方も個人型確定拠出年金に加入出来る様になりますね。将来の資産は自分で形成する時代はもう到来している、と改めて感じました。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。私の勤務先も同じです。来年から個人型も入るつもりです。


プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR