ひふみが米国投資と日経報道



 日経新聞によると、ひふみ投信のレオスキャピタルが日本の大型株に代えて米国株への投資を検討しているそうです。 これまでセミナーで海外投資は触れていましたが、日本の大型株の代わりというのは初耳です。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 社長の藤野さんはフェイスブックで、米国株と決めていないし、中国やインド株かもしれないとしています。理由は、日本の大企業の経営者が投資家と対話しようとせず、ROEも低い。それだったら、海外株のほうが成長力も流動性も高く、ディスクロージャーもよく、気持ちよく投資ができそうとしています。

 日本の大企業がダメというのは藤野さんがかねがね主張していたこと。東芝をはじめ、不祥事の自浄作用がみえにくいし、サラリーマンが社長の企業は意思決定などが鈍いということも欠点としてあるでしょうか。ただ、米国株はともかく、中国株に投資するのだったら、対話やディスクロージャーはまだ日本のほうがましだという気もしますけど。

 ひふみも運用残高は1100億円を超えており、受益者としては、より効率的な運用で成果が期待できるならば、海外投資も大歓迎です。ただ、自分のアセットアロケーションを計算するときにちょっと面倒くさくなるかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR