日本サイクリング協会、投資でトラブル



 読売新聞によると、日本サイクリング協会が都内のコンサルティング会社に約3億円の資産運用を委託したところ、2億7000万円が回収不能になり、解散の危機に陥っているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 協会は、シンガポールの銀行の割引円建て債を2億6000万円で購入すれば、3年後に3億になり、4000万円の利息(計3億4000万円)も入ると言われたそうです。3年後に予定通り3億円になったため、契約を更新したところ、コンサル会社は、無関係のサーバー関連事業などに投資して焦げ付いたと説明を受けたとのこと。

 2億6000万円が3年間で8000万円増えると言うことは、単純計算で年利10%近い利回りが必要な訳です。海外への投資を円建て債券で年利10%というのは、ちょっと投資の知識があれば限りなく怪しいと思えるのですが、だれも思わなかったのですね。

 読売の取材に、コンサル側は「現在手がけているM&Aなどを成功させ、返済したい」と話していますが、協会は説明が虚偽だったとして警視庁への告訴なども検討しているそうです。ただし、回収できなければ、昨年度のイベント費用などがはた得ず、協会の会計は事実上破綻するそう。

 ところで、読売にはのっていませんでしたが、協会の会長は、元財務大臣の谷垣禎一氏が長年つとめています。もちろん、会長など名誉職にすぎないでしょうが、協会の根幹を揺るがす投資でしたら、当然、報告もいっているはず。財務大臣というプロ中のプロがトップにいても、こういう投資トラブルに巻き込まれるのですね。僕らのような庶民は、いっそう甘い話に注意しなければならないと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR