94歳のファンドマネージャーがトップの成績



 ウォールストリートジャーナルによると、同社の投資コンテストで、94歳のアービング・レビンさんがみごと優勝しました。レビンさんは「注意深く、ミスをしないテニスプレーヤー」として知られており、投資でも私生活でもまさに敗者のゲームを地でいっています。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 コンテストは過去12カ月のパフォーマンスで最も優秀な株式ファンドマネジャーを決めるもの。レビンさんのファンドはこの1年で20%以上のリターンをあげたそうです。高配当銘柄の選別に特化しており、「賭けには一切手を出さず、大きなリスクを取らず、すべきことを入念にする」がモットー。ウォールストリートジャーナルは「バークシャー・ハサウェイのミューチュアル・ファンド版」と書いてます。ファンドは1978年に設立したそうですが、今も保有している株を持っているとか。

 また、もともとはハンドバッグ会社の社長で、1965年には既に「引退」していたそう。それが78年に投資の世界に入ってきました。レビンさんは1950年代に既に、「給与所得だけで富を築くのは不可能だと認識していた」というからすごいですね。

 僕が受益者であるひふみ投信やセゾン投信のセミナーで、創業メンバーが引退したらどうするのか、みたいな質問がでたりしますが、きったはったでなく長期投資で実績をだすレビンさんの活躍や、医療の今後の発展を考えると、日本でもあと50年はファンドマネージャーを続けられるのではと期待しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR