フィンテックは時期尚早? 日本の権威2人が語る



 フィンテックという言葉がブームです。ただ、ロボアドバイザーを実際に使ってみたら変な結果がでるし、ビットコインは怖そうだし、個人的にはブームが先行している感じ。そう思っていたら、日本を代表する専門家2人の対談で、「今のブームは時期尚早」という話になっていました。ビジネス+ITより。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 対談は東大の松尾豊准教授とMITメディアラボの伊藤穰一所長で行われました。松尾さんは日本の人工知能研究の第一人者。伊藤さんはインターネット草創期から日本を代表する専門家です。

 伊藤さんは「ビットコインもフィンテックも、インターネットでいえば、1989年か1990年ぐらいの段階。1000億規模の投資が進んでいるのは、まだ早すぎると感じている」と話しました。また、「お金が関係するプログラムは失敗が許されない。ブロックチェーンやデジタル通貨の仕組みを本当にわかっているのも日本では数十名で、まだまだ危なっかしい。もっと実験をしなければ」と忠告します。ビットコインを狙った犯罪なども問題視しています。

 ただ、インターネットがその後、世界にかかせない技術になったように、フィンテックが金融を変える可能性があると両者はみています。というか、AIが生活全体に影響を及ぼす可能性も十分あるのでしょうけど。

 松尾さんは、「すでに存在する技術が、いつ、どのタイミングで社会全体に普及するのか。こうした見極めは、起業家や投資家のほうが長けている」と述べました。

 ただ、インターネットもITバブルがはじけるまでは、投機としてはいいものの投資としては難しかったと思います。技術の進化のスピードが速くなっているとはいえ、フォンテックも安定した投資対象になるには、まだ5~10年かかり、それまではバブル状態になるような予感がしています。だから、数多くの起業家や投資家の失敗する一方、ごく一部の起業家や投資家が大もうけするイメージでしょうか。

 インデックス投資家としては、S&P500とかTOPIXとかにフィンテック企業が採用されてから投資しても間に合うと思います(アップ時に結語がぬけてました。)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR