都知事選とシン・ゴジラを考える



 東京都知事選は、小池百合子さんが初当選しました。当初、野党統一候補として有力視された鳥越俊太郎さんは失速し、3位に終わりました。さて、僕は投票日にあわせたわけでないのですが、映画「シン・ゴジラ」をみてきました。そのときに、都知事選の結果と似たようなものを感じました。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 鳥越さんの敗北理由については、バズフィードの石戸記者の記事が一番よくまとまっています。  ろくな政策もなく、反安倍政治という空疎なスローガンで立候補し、批判されてもジャーナリストだから3日勉強すれば分かると豪語。耳を傾けるといいながらも、討論会から逃げ、選挙後は池上彰さんの生中継すら断る都合の良さ。週刊誌の女性問題報道が取りざたされていますが、それがなくても、負けるべくして負けたと思っています。

 そんな鳥越さんがジャーナリストの代表として、長い間、キャスターとして人気を博していたのはなぜか。彼だけでなく、多くのマスコミやリベラル勢力の野党が、政府を批判すればそれで仕事をした気になっていたからではないでしょうか。実際に自民党には数々の欠点があります。それを批判しつづけてみたものも、実際に民主党が政権を握ったときに起きた数々の混乱をみると、口だけで批判している人たちのメッキが一気にはがれてしまった感を受けます。ネットで情報発信が、マスコミだけでなく、だれでもできるようになったのも大きい。これだけ時代が変わっているのに、鳥越さんも、彼を応援する勢力も気づかず、単に安倍批判をするだけで勝てると思ったのが敗因でしょう。

 さて、シン・ゴジラですが、これは、すごい作品です。もし、日本に巨大怪獣が現れたら、日本政府はどのように対応するのか、リアルに描いています。個人的には過去何年かの邦画で最高傑作だと思いますが、気になるのは、政治家や官僚を非常に美化して描いているところです。さらに、リアルさゆえに、安保法制とか緊急事態条項とかは必要なんだよ、と感じさせるところもありました。映画は社会の風をすくいあげる機能があると思います。ここまで、政府に信頼を寄せている作品ができるというのも、今の日本の特長であり、都知事選で鳥越さんが負けたのと通じてるのではと思いました。

 ところで、ゴジラが東京に上陸したら、円安、株安がとまらないというセリフがありましたが、東日本大震災のときは株安はともかく、円高になったのですよね。ゴジラは現実にいないとしても、首都直下型地震や南海トラフ地震が起きたときにも円安がとまらないという事態が起きないのでは、とみていて思っていました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕の考えですが、今の年金運用(GPIF)の事さえも建設的な議論ができず、政治の場では政争にしているぐらいで、それだと年金運用ではなくてゴジラが本当に襲ってきたときに迅速な対応ができるのかはよく分かりません。

中国共産党の連中がむかし言っていた事ですが「民主主義は重要な事は迅速に決まらない欠陥システムだ」なんて言っていました。
本当に都心をゴジラが襲ってきた時に1つになれるのか?そんな時にまで政争をやらないようにお願いしたい所です。

流石にあれだけの意思決定を迅速かつ合理的にやっている所は映画らしいと思うので、現実的にゴジラに襲われた時にあれだけ迅速かつ合理的な判断は無理かも。

Re: No title

コメントありがとうございます。
民主主義は事前はごたごたしても、有事の際にまとまれば、最強になるのは第二次大戦のアメリカなどが
証明していると思います。問題は、日本が有事の際にまとまるかどうかで、映画の中の日本はゴジラ以上に
フィクションといえるかもしれません。

余談ですが、「ゴジラ 弊社 破壊」でリアルタイム検索すると、なかなか面白い。日本のビジネスマンの
ゆがんだ感情が垣間見れるようです。
プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR