マスコミが不安をあおるからおかしくなる



 NHKの世論調査によると、公的年金の積立金を運用している独立行政法人が昨年度の運用実績について5兆3000億円余りの赤字になったと発表したことに関連して、今の運用の在り方に不安を感じている人が7割に上っているそうです。

 参加しました。下のボタンを励みのために押して頂ければ幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ


 設問が書いていないのですが、記事から想像するに「5兆3000億円の赤字が出て、株式の比率を高めたけどどう思うか」なんて聞いた感じ。それだったら、金融リテラシーが無い人は、不安に思うと思って当然でしょう。

 でも、こんなもの質問の仕方一つで変わるわけで、直近では5兆円の赤字ですが、累積45兆円の黒字が15年で出ています、と聞けば印象は全然違います。いたずらに不安をあおる世論調査を公共放送がやるのはいかがなものか。何でも安倍批判に結びつけようとする一部新聞ではないのですから。

 そもそも、不安だからどうするのか。株式比率を下げるのか、それとも金融リテラシーを高めるのかといった対策があり、政府はわかりやすく説明して、金融リテラシーを高めようとしています。それだったら、公共放送も長期投資とは何かとか、年金の運用とはどういうものかとか説明するべきでしょう。実際、年金制度については「あさイチ」で分かりやすく説明したそうです。安房さんのブログより 受信料を払ってるのだから、こうした番組をどんどん作って欲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢見る父さん

Author:夢見る父さん
40過ぎの窓際サラリーマン。数学と英語は大の苦手だけど、コツコツ投資頑張ります

最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR